ボケリン・ママリンの観察日記

2月5日(土)迷子になりかけて、泣きべそ帰ってきたママ。

e0200261_1210546.jpg土曜日のデーサービスの陽だまりさんは10時のお迎えなので、ゆっくり寝てもらう。
十分に寝が足りている時は、ご機嫌で起きて、ボケたことも言わず、顔洗って、着替えて、ご飯食べて、薬のんで、の私のお願いを「はい」と素直にきいてくれる。
まっ、ママ自身が夜遊び(家出)しなければ、十分に睡眠は足りるのだから、自分で自分の足を引っ張らないようにして欲しいものだ。

朝ご飯は、稲荷寿司とけんちん汁。
「この、お稲荷さん、ちっちやいのに美味しいなぁ。あんたが、作ったん? えっ、まなちゃんのお土産やのぉ。えっ、昨日、ずっとしゃべっていたの? 覚えてないわ」。

で、ベランダで、ジェフ君のブラッシングをしてもらう。
ママが、ベランダの出たら、飛んでついて行くジェフ君。健気だ。
ご機嫌で、お迎えの車に乗って出かける。
e0200261_12205797.jpge0200261_2252442.jpg
















4時過ぎに帰ってきたママリン、チョコパンとコーヒーのおやつ。
ニコニコ顔で帰ってきたので、さぞや楽しかったのだろうと、陽だまりさんノートを見ると、「午前中から雲行きが怪しくなってきましたが、エプロンを渡してお台所を手伝ってもらいました」とあった。あの手、この手で、なだめてくれたのだろう。感謝。
でも、やはり、なんかお手伝いしてもらうと、目の前の作業に集中して、モヤモヤが払拭されるようだ。手仕事万歳。うちでも、もっとこき使おっと。

ギャラリーに上がってきたり、下に降りたりしていたが、ジェフもママについてくる。律儀だ。
が、6時前にギャラリーのドアから「ちょっと出てくるわ」と出て行く。
「10階に帰ってくるんやで。9階と違うでぇ」と、念押しして、外出を許可。

で、15分で帰って来たママ、ギャラリーのガラスのドアの前で泣きそうな顔で立っている。
「おかえり、おかえり。何してんのぉ。入っておいでよ。迷子にならんと、帰ってきて偉いやん」
「あっこちゃ〜ん。それが、迷子になりかけてん。グスン。どうしようかと思って、やっとこさ帰ってきてん。グスン。よかったぁ。やっと帰れたぁ〜。ウェ〜ン」
と、涙をためて、ほんで、おいおい泣くママ。
「そんな、泣かんでもええやん。ちゃんと帰れて偉い、偉い。偉かったなぁ」と肩を叩く。
「迷子になったら、あこちゃんに怒られると思って…。グスン。そやから、必死で帰ってきてん。ウェ〜ン007.gif」。
その、まるで幼稚園児のような泣きべそ顔に、もぉ吹き出ししまう私。カワイイ。
私は子供がいないが、カルピスのお姉さんの長澤まさみは、こんな気分なんだろうと思う。

「さっ、ご飯にするから、コタツ、入っとき」
「あこちゃん、ここにおいてくれるの? ありがとう。下に行ってとくわ」。
で、閉店して、夕飯にする。
e0200261_2033839.jpge0200261_2035430.jpgが、ママはチョコパン3つ食べて、お客さんのお土産のタイヤキを食べてるので、里芋とカボチャのマカロニグラタンとトースト、香里園菜園の小カブのサラダと稲荷寿司。

「今日は、迷子になりかけて、大変やったなぁ?」
「ほんま、2時間もウロウロしてん。どこかわからんようになったから、ひとつづつ建物を見て、一生懸命探したわ。ほんま、よかったわぁ」
「ママ、15分ぐらいで、帰ってきたよ」
「そんなことないわ。1時間は歩いていたわ。でも、よかったわぁ。里芋、おいしいぃ」
「まぁ、よかったやん。カワイイ動物やってるわ。テレビ、見てみぃや」
「ほんまやぁ。わぁ〜、カワイイっ」
と、しばらく、テレビを見ている。
あと、洗いもんをしてくれる。ラクチンだ。

「もぉ、ここにいていい? 明日、仕事、探すわ」
「明日は、ギャラリーしてるから、店番を手伝ってよ」
「わかった。手伝うわ。いらっしゃいませって、言ったらいいんやろ」
「そうそう。でも、明日のことは、明日、考えよ。今日は、今日を楽しもうよ」
「そやな。たぶん、濱寿司さんやったら、雇ってくれると思うねん。ここから、通っていい?」
「いいよ。明日、ギャラリーも手伝ってな。最終日やから、お客さん、多いわ」
「わかってる。明日から、一生懸命働くわ。あんたにお礼奉公せなあかんしな。私が向こうで働いて、チップ、もろてきて、日銭をあんたに渡すわ」
「え〜よ。それで、ええわ。チップ、たくさん稼いいできてね」
「ほんなら、箪笥、持ってきていい」
「あかん、あかん。必要な服だけ、持ってきたらいいやん」
「でも、濱寿司さんの仲居するなら、着物、いるやん」
「着物だけ、持ってきたらいいやん。着るものだけ、もってきぃな」
「なんや。あんたは、あの家、売る気やねんな」。
おっと、ヤバい。へんな地雷を踏んでしまったかも。軌道修正、修正。

「ママ、コーヒー飲む? 飲むの。タイヤキもあるよ」で、夜のおやつを出す。
「おいしいわぁ。あんた、私の娘やったっけ。ほんなら、ここにいていいんんやね。あんたは、当分、ここにおるんやね? あんたの家やの。ほんなら、当分泊めて」。
で、軌道修正、成功。ラジャー。

8時36分になったので「そろそろ寝たらぁ。もぉ、8時半やよ」。
「そや、明日は忙しいから、寝かせてもらうわ」で、すぐ、お布団に入る。
ラジャー。

が、9時に起きてきて「亀ちゃん、どこにおるの」
また、死んだ死んだのゾンビトークかと思いきや
「あ〜あ、女に産まれたら、苦労するなぁ。男に産まれたらよかったわ。借金、いくらあるの? ないの。あ〜、よかった。でも、明日から、一生懸命働くわ。あんたに、世話ばっかりかけられへんから…」。う〜ん、意味不明。

本日の評価:018.gif007.gif018.gif001.gif019.gif
[PR]



by asayosan | 2011-02-05 12:19 | 今日のママリン

認知症のママリンの日々の暮らし
by asayosan
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
今日のママリン
過去の出来事
個人的に思う事
ママリン語録
ママリンのホラ話

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧