ボケリン・ママリンの観察日記

2月23日(土)ピンク映画館に集うおじいちゃんたちに拍手。そして、甘い誘惑に堕ちるまくるママリン。。

ママを奈奈さんに送り出した後、私は『愛染恭子の未亡人下宿』ほか2本を観に、京都七条のピンク映画館、本町館に行く。

日活ロマンポルノをテーマにしたギャラリー企画のため、ピンクリンク編集長の太田さとの打ち合わせと『昼下がりの日活ロマンポルノ鑑賞ツアー』のロケハンである。

本町館のあるビルの1階がデーサービス施設だったのもすごいが、11時20分の開演に続々とやって来たのはおじいちゃんばかりなのにも驚いた。
太田さん曰く、“足腰が悪くなったらデーサービス、2階まで登れるまではピンク映画”だそうだ。

で、女子には縁も縁のないピンク映画だが、雰囲気というか情緒というか、しばらく見ていると、その世界観にどっぷりはまれる特異なエンタテインメント。
ちょっと韓流ドラマに近い、見はじめたら止められない魅力がある。

若かりし頃の日活ロマンポルノ全盛期に、たぶん映画館に通いつけたであろう若者たちが、今もこうして映画館に足を運んでいる往年の男子に拍手。
というか、今、ピンク映画館は、おじいちゃん層に支えられているそうだ。
すごいぞ、おじいちゃん。やるなぁ〜。

で、途中、香里園に寄って、まなちゃん、まりちゃん、ホネちゃんと、ママとはできない今日のピンク映画事情と社会的なおしゃべりをする。

奈良の実家の植木たちも、しげちゃんが梅やしゃくなげなどの移植を完了していてくれていて、庭石の一部も路地道に活用。
正夫さんが精根こめて育てた植木が、人の愛でられる環境に落ち着いてよかったである。
正夫さんにはそれほど義理はないが、植木には罪がないのである。

で、大根や野菜や豆を貰って帰る。実家か…。

e0200261_1712523.jpgで、ママが7時過ぎに帰って来て、おやつ。

私はハマチの刺身と大根サラダで焼酎を飲んでいたが、ママは食事はいらないそうで、「それより、ほれほれぇ、甘いもんはないのぉ」。

「ママ、胃が悪いんやから、甘いもんもうやめときぃ」
「いいや。体が悪いから、甘いもんが欲しいやないのぉ。私にとっては、甘いもんが栄養やねん。私は、甘いもんが必要な女やんねん」。

そんな、大阪に生まれた女みたいな…、必死で甘いものを正当化するので、チョコレートも3つ提供する。

「あんたのおかげで、どこに行ってもみんな親切にしてくれるわぁ。あんたが根回ししてるんやろぉ。そういうとこは、ソツがないもんなぁ。明日はどこ行くのぉ。しお風さん。あそこはお金、いらんかったなぁ。そしたら行くわぁ。あんたは行かへんのぉ。あんたがいないと、緊張するなぁ。え〜、私の友達ばかりやのぉ。あそこ、いい人ばっかりやでぇ」。

で、7時40分に寝はるが、お布団の中から、最後の叫び。

「なぁ〜、明日、行くとこあったやろぉ。何時に起きたらよかったっけ。起こしてくれるのぉ。お願いぃぃしまぁぁぁぁすぅ。あ〜、あこちゃんとこで、よかったぁ。お布団もフカフカでぇぇ〜すぅ」。

で、ご機嫌で寝てくれる。
しっかし、油断はできない、たぶん悪魔ちゃんモードが入り口で待機してる気配。

本日の評価:018.gif014.gif
[PR]



by asayosan | 2013-02-24 19:17 | 今日のママリン

認知症のママリンの日々の暮らし
by asayosan
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
今日のママリン
過去の出来事
個人的に思う事
ママリン語録
ママリンのホラ話

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧