ボケリン・ママリンの観察日記

2月14日(金)雪で早引きのママ、雪道を徘徊して天友でご機嫌に…。

e0200261_13131999.jpg
朝から吹雪。
ママは、「雪見たのぉ、はじめてやわぁ」とビックリしているが、私が幼稚園から小学1年まで伊吹山の麓に住んでいたので、私は強烈に豪雪の記憶があるのだが…。

転勤族だったので、大阪→伊吹→高松→豊中→奈良とだいたい3年ごとに引っ越ししていたが、ママはこの期間はきれいにぶっ飛んで、故郷の門司と大阪此花に出てきて濱寿司さんの仲居のバイトと神崎医院で看護婦さんをしていた娘時代に執着。

e0200261_1324082.jpgで、大雪警報が出たので、ママが2時の早めに帰って来る。

餅2個入りにぜんざいを出してコタツでヌクヌくしてもらったが、家に落ち着いてもらえるのは2時間が限界。
4時に、「ほんなら帰るわぁ。雪でも寒くても、、それはそれでしかたないですっ。歩いて帰れますぅ」で、出て行ったので隠れて尾行。

雪はやんでいたが、路肩には雪が残り、道はグチュグチュである。

フレイムハウスの前をママが通ると、みさこお姉さんが心配して店から飛び出してくれるが、ジャパンの前に隠れていた私、手で合図。

「おっと、迷彩服着て尾行してはるんですか」
「いやいや、都会では迷彩柄は逆に目立つけどねぇ」
「雪でも関係ないんですねぇ。転ばんかったらいいのに…」
「そこだけ心配なんですけどね…、それでは、引き続き尾行、いってまいります」。

で、最初はスタスタ歩いていたママだが、東郵便局の回りのグチュグチュの道をダラダラと回りだす。
私は郵便局の中を通り抜けてママをつけるが、6周目ともなると、私の方が怪しい人に見えるので、大阪産業創造館のあたりで声をかける。

「あれっ、ママ、こんなとこで何してんの?」
「いや、家に帰ろうと思って…あんたこそ何してんの?」
「ご飯食べに行こかなって思って…、天友に行くけど、ママも行くぅ」
「そやなぁ。あまりお腹すいてないけど、一緒に行ってみようかな」。

あっさり付いてきたママだが、後ろでブツブツ言っている。

こんなとこで偶然に会うわけないわ。たぶん、つけてきたんやわ。でも、見つけてもろて助かったから、ありがとうって、言わなあかんかなぁ」。
分かってるやないの、ありがとーと言うとき、と心の中で思っておく。

で、船場センター街でトイレに連れて行くと、「あんたは私のおしっこの事情まで分かってるんやなぁ。偉いなぁ」とほめられる。

天友では、「おなあちゃ〜ん、お久しぶりやねぇ。いらっしゃ〜い」と歓迎されて上機嫌。
ママには具沢山の粕汁、私は鯛の薄造り、白子ポン酢、鴨と水菜、イワシの天ぷらに、純米大吟醸の湊屋 藤助 さんが旨すぎて、ママの話は上の空で生返事して、味わうことに集中。

それにしても天友さん、5時に店に入ったのに、1/3の席が埋まり、あと半分は予約席の札が…。
すごい店である。
e0200261_13481016.jpg

6時半に帰って来て、ママはジェフを連れて布団の中へ…。

8時前にトイレに起きてきて、アメチャンなめなめ窓の外をじ〜っと見てる。
「あんた、ベランダに猫がいっぱい逃げてるよ」
「猫はみんな家の中にいますぅ」
「ウソちゃうて…、見てご覧、外が真っ白やん」
「ママって、それは雪。今日は大阪にも雪が降ったのぉ」
「え〜〜〜っ、雪って、日本に雪なんか降らへんやん」。

それからも、トイレに立つ度に、「ベランダに誰か3人ぐらい人が立ってるよぉ」とか「窓の外に人の顔が見えるわぁ」とか、気持ち悪いことを言う。

たぶん自分の顔が窓に映っているのだろう。

本日は雪道1時間の徘徊であったが、天友でお互いご機嫌さんになったので、雪見酒ブラボー。

本日の評価:005.gif070.gif070.gif070.gif070.gif005.gif043.gif014.gif048.gif014.gif
[PR]



by asayosan | 2014-02-23 13:58 | 今日のママリン

認知症のママリンの日々の暮らし
by asayosan
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
今日のママリン
過去の出来事
個人的に思う事
ママリン語録
ママリンのホラ話

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧