ボケリン・ママリンの観察日記

4/12 デーを早退して、恐ろしい布団でグースカ寝はる。

実は本日は年も明けた2015年の1月16日。
たっぷり更新は怠ってしまったが、日々のママの記録と写真は撮っているので、それなりのママのビッグデータはある。
ただしアナログ。

メモは汚い字の手書きで、酔っぱらって書いたであろう時は解読不明。
でも、今こうして過去を振り返ることができることは大きい。

だって、ママリン、とっても良い子になったんですぅ。
暴言、暴力、徘徊の認知症スパシャルフルコースだったのに、今は私の言う事を「はい」とお返事する可愛い可愛いボケばーちゃんなった。
たぶん、認知症が進んで新たな段階に入ったんだと思うが、それは、おって。

では、まだまだ荒ぶれていたママリンを振り返っていくことにする。

土曜日の奈奈さんは7時までなのだが、またまた早退。
実はもぅ面倒が見切れないそうで、ケアマネージャーさんに「実は酒井さんは辞めて欲しいんです。他の利用者さんに迷惑がかかるんで」と、1月よりギブアップの要請があるそう。
ケアマネージャーさんが、土曜日に預かってくれるとこが見つかるまでなんとか…と、お願いしてくれている状況。

今日と明日は、『猫ふんじゃったなギャラリー』の搬入で、作家さんが続々と来られる中で、ママの早退はピンチである。

アンパンとお菓子を目の前に置いといたら、勝手に食べて6時半に勝手に寝てくれる。ラッキー。

しかし、ムクッと起きて来ては「あ〜、なんで私は寝たらあかんの?」。
「だから〜、もう寝てたやん、自分が勝手に起きてるんやから、ネンネコしたらいいやん」
「いいやっ。こんな恐ろしいところで寝てられへん」
「寝てたくせに、何が恐ろしいんよ。目をつぶって寝たら、いい夢みられるわ」
「フンっ、寝たら寝首をかかれるから寝られへんのですっ」
「はいはい、そしてら、起きていてください」。

で、お疲れだったのか、「フンっ、ここで寝るしかないやん」で、すぐにイビキ。
ラッキーな夜であった。


[PR]



by asayosan | 2015-01-16 13:40 | 今日のママリン

認知症のママリンの日々の暮らし
by asayosan
プロフィールを見る
画像一覧

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧