ボケリン・ママリンの観察日記

カテゴリ:今日のママリン( 1316 )




ママリン、9月7日の誕生日で90歳になりました。

e0200261_12193275.jpg

9月7日の誕生日で90歳となったママリン、機嫌よく生きてはります。
ただ、ヤマザキの薄皮つぶあんぱんがラブすぎて…。

ご飯は「これは子供たちにやってくださいぃ」とか「お腹がいっぱいですぅ」とか「どなたかぁ〜、ご飯が来ましたよぉ、食べてくださ〜ぃ」とぐずぐず言い、クッションさんに「お食べ」と皿を乗せたり、水のコップにおかずを入れたりの隠蔽工作。

「ご飯食べないと、おやつ、ないよぉ」と言うと「あ〜、どぉしたらいいんでしょう。難しい問題ですぅ。あ〜ぁぁぁぁ〜、どぉしたらいいのぉ〜」とハムレットのように悶え悩むので、もうアンパン容認へ。

で、毎日毎回同じアンパンを、それはそれは大感激で食べてます。
「あ〜、今日はいいのが当たったわぁ」「こんな美味しいもん、あんたが作ったん?」「ジェフゥ〜、お前ももろときなさい。あんたもこれ、好きやもんなぁ」「さすが食い道楽の大阪ですねぇ」「えっ、アンパンあるの? やっと手に入ったんか」「1、2、3、4個…、さぁ、次は10が来ますよぉ」「これは美味い。こんな高価なもん、サンキュー」「こんな美味しいもん、生まれて初めて食べましたぁ」「さっ、今日はゆっくりこいつと過ごそか」「アンパン、子供たちにやってくださぁ〜い。え、誰も食べへんの。そしたら私、よばれよ」「可愛いなぁ。赤ちゃんが入ってるみたいやわぁ」「えっ、これ、私が食べていいんですかぁ。こんなうれしぃ〜ことはありません」等々。

これはアンパンを見るたびに初恋してるようなもので、エンドレスに新鮮な感動が得られるのは、認知症ならでは恩恵である。
おでこのケガは忘れてるし、血液検査・血圧はパーフェクトだし、好きなもん食べてご機嫌だったら良しとしよう、てか。

で、敬老の日。90歳以上が206万人で、100歳以上の方は6万7000人だそうだ。
なんか、ママリン、高齢世界一で、ギネス認定になりそうな…、そんな予感が…いやいやいや、ムリムリムリ。


[PR]



by asayosan | 2017-09-17 12:20 | 今日のママリン

『徘徊〜ママリン87歳の夏』ただ今公開中です。

またまた長く更新を怠りましたが、うちのママリン、いきなり主演女優になっておりました。
『徘徊〜ママリン87歳の夏』ただ今公開中です。

計4回の舞台挨拶では、ママリン好き放題にしゃべりまくり歌まで唄うお調子もんぶり。

実は昨年の秋より徘徊がめっきり減って、私はラクチン。
ただ、ママにはいろんな人が見えるようで、うちには10人ぐらいのお客さんが来ています。

今はもぉ童女のような可愛いおばあちゃんになりました。
徘徊卒業で、もうだいたいのことはプーです。

で、映画もそろそろ終わるので、ぜひご鑑賞ください。
e0200261_21464652.jpg
【大阪:第七藝術劇場】
4月11日(土)~4月17日(金)16:30
4月18日(土)〜4月24日(金)17:20 

<料金> 当日一般1,700円 専門・大学生1,400円 中・高1,000円シニア1,100円
第七藝術劇場:大阪市淀川区十三本町1-7-27 サンポードシティ6F  
TEL 06‐6302‐2073
http://www.nanagei.com
------------------------------------------------------------------------
【京都:京都みなみ会館】  
4月11日(土)~4月17日(金・楽日)10:00

<料金>月曜男性/水曜女性1.100円 毎週火曜日男女問わずペアで二人分2.200円 どちらかが50歳以上の夫婦お二人で2.200円 
当日一般1,700円 大学生1,400円  会員1,200円 シニア1,100円 小・中・高1,000円

京都みなみ会館:京都市南区西九条東比永城町79       
Tel 075-661-7853
http://www.kyoto-minamikaikan.jp
------------------------------------------------------------------------
【神戸:元町映画館】  
4月11日(土)~4月17日(金) 14:20
4月18日(土)~4月24日(金) 11:00

<料金>火曜日女性1.100円 水曜日男性1.100円 どちらかが50歳以上の夫婦お二人で2.200円 当日一般1,700円 シニア1,100円 学生・障がい者1,000円  神戸映画サークル会員1,300円

元町映画館:神戸市中央区元町通4丁目1-12
Tel 078-366-2636
http://www.motoei.com/
[PR]



by asayosan | 2015-04-11 21:47 | 今日のママリン

4/14(月)朝は浅井さんに助けられ、ジェフのお迎えもギリギリセーフな綱渡りな1日。

昨晩は深夜に3時間も歩いたのに早起き。
「お迎えはまだやってぇ」と、ほとんどの人が信用している時計時間を説明するが、「いいえっ、もう下で待ってはりますっ」と、自分の気分時間を優先する。

あと30分、朝から不毛の時間論争をしたくないので、管理人室に連れて行って、浅井さんに相手を頼んで私は部屋に戻る。

で、お迎え時間に行ってみると、ママリン、ワンワン泣いてやんのぉ。
「みんな、あんたのことを買ってるんやてぇ。ほんま、いい子やねんてぇ。グスン。あんたの周りの人は、みんないい人ばっかりやなぁ。だ〜れも、意地悪する人がおらへんねぇ」。

そう、浅井さんは説得名人というか説教マスターというか、理屈もへったくれもないママリンにも心に響く語りで、ママを気持ちよく泣かせてくれるのだ。
浅井さんの言うことだけやよく聞くママリンだが、理事長とはすぐケンカする。

「はいはい。あっこちゃんが迎えに来たでぇ。そよ風さんに行っといでぇ」
「はい。行ってきますぅぅ。ありがとうございましたぁ。グッスン、バイバ〜イ」。
で、そよ風さんに出発、浅井さんに感謝。
e0200261_14234198.jpg
で、朝一でジェフ君を病院に連れて行く。
インシュリン注射の適正量を計るためで、今日は8時まで病院なのだが、ジェフを迎えに行くタイミングが難しいぞ。

で、6時にママが帰って来たので、すぐに夕食。
ママのメインは鍋焼きうどん、小松菜と鶏肉の炒め物、きんぴらゴボウ、ひじきの夕飯。

「だけど、国民もだいぶ朗らかになってきたねぇ。この辺は、壊れたとこも少ないんやなぁ」って、ママの頭は、暗い敗戦当時と震災のニュースがこんがらがっているのである。

さて、ジェフを引き取りに病院にママも連れていくか、お留守番させるか思案しつつ、「ママって、ジェフのお迎え行こかぁ」と振ってみる。
「えっ、ジェフ、どっか行ったん? あんたとこの子供やから大事にしたって…、何んかあったら、命がけで助けてくれるわぁ…、そしたらここで一緒に寝んねしますぅ。コオロギでも、どんな動物でも心を持ってるんやぁ、粗末にしたらあかん。正夫さんが死んだら、あんた、動物園したらいいわぁ。そして、子供をどんどこどんどこ増やしたらいいやん」。

う〜ん、意味不明。
でも7時10分に寝てくれたので、そ〜っと一人で迎えに行く。
e0200261_14384995.jpg
e0200261_14411092.jpg
8時前に病院に着いて、先生の説明を聞いて9時10分に帰って来たら、ママリンが外の玄関の前でウロウロそていた。
で、ママもピックアップして、一人と一匹、ギリギリセーフ。

「あ〜、ジェフ君、どこにおったんよぉ。寝んねしましょうねぇ」で、布団に拉致して、それからず〜っと歌を唄っている。
これでは、ジェフ君も寝られないだろう。

「あんなぁ〜、あんたが素晴らしいお嬢さんになったのはぁ、お母さんのおかげなんやてぇ。あんたのお母さんはいい人やったんやなぁ」と、人ごとのような…、でもママは立派な反面教師である。



[PR]



by asayosan | 2015-02-01 14:40 | 今日のママリン

4/13(日) 深夜1時半から4時半まで歩かれて、説得がじゃまくさいぞ。

4時45分、早めに帰って来たので、すぐに夕食。
けんちん汁、じゃことひじきのバラ寿司、アボガドのオリーブオイルサラダ。
アボガドは繊維質がたっぷりだそうで、野菜不足気味の時に一品プラス。
オリーブオイルのコンビは、認知症にもいいそうだが、ママはあまりアボガドを好まないので、これは私の将来のための一品でもある。

食べてる時はご機嫌。
『猫ふんじゃったなギャラリー』の搬入作家も多くなく、難なく終了。
しっかし、約70名の参加作家さんの内、半数が郵送による搬入となり、梱包を開けて作品を確認して納品書を整理するという手間ひまの方が大変だ。
ひとつが楽になれば、ひとつがややこしくなる。
まっ、全てがラクチンなら、生きる意味がない…、ということにしておこう。

しっかし食べて終わると、「明日は向こうへ行きますから…、あっこがちゃんとしてくれてますから…、こんな親戚の家、私、知らんのですぅ。おかしいなぁ、あっこが迎えに来てくれるはずやのにぃ、おっそいなぁ。ちゃんと布団、敷いてくれてるはずやのになぁ」。

「布団なら、ちゃんと敷いてますけど…、明日迎えに来るから、明日帰ったらぁ」
「フンっ、こんなとこにおったら死ぬわっ。どうせ死ぬなら布団にしよかっ」。
で、7時12分に寝てくれて、ジェフのお注射も完了。

ママが寝てから、BSTBSの『報道』を観る。
ママリンと私が出演の認知症特集。
e0200261_13572333.jpg
e0200261_13564921.jpg
しっかし、1時半に起きてきました。
「私は一人で所帯して、仕事も持ってますぅ。効率よくせなあかん」。

で、本町から四ツ橋まで歩いて、コンビニの椅子にへたりこんだぞ。

「なぁ、もう帰って寝ませんかぁ? 寒いわぁ」
「いやだぁ! あんたの家なんか絶対にいやだぁ!」
って、駄々っ子か…。

コンビニで暖かいかフェオーレを買って渡すと、「あ〜、おいちぃぃ。美味し過ぎるぅぅ」で気分が変わる。

「私はあっこの家を探してるんですっ」
「私があっこやん」
「えっ、あんたとちゃう。あんたは歳のいったあっこやっ」
「だから〜、ちっちゃいあっこがもう大人になっておばはんになったのぉ」
「あ〜、ここにおるのも飽きてきたわ。あんたんとこはどこやのん。あんたは家があるぅ言うけど、どうせウソなんやろっ。人に恥かかせて喜んでいるんやっ」
「いいえ、家はありますよ。暖かい布団もありますよ。眠いんやったら寝たらいいやん」
「そしたら、そ〜しましょうかねぇ」。

コンビニ前での説得に1時間、あ〜、めんどくさい。
4時半に帰って来て、「なぁ〜、明日、私、どこか行くとこあったよね」
「そよ風さんです」
「そやそや、そこ行くわ。あそこはサービスがいいねん」。

って、ケロリと寝ました。
はいはい、朝にはとっとと、そよ風さんに行ってください。
起きたくなぁ〜いと言っても、叩き起こしてやるからな…。
e0200261_13083351.jpg


[PR]



by asayosan | 2015-01-16 14:19 | 今日のママリン

4/12 デーを早退して、恐ろしい布団でグースカ寝はる。

実は本日は年も明けた2015年の1月16日。
たっぷり更新は怠ってしまったが、日々のママの記録と写真は撮っているので、それなりのママのビッグデータはある。
ただしアナログ。

メモは汚い字の手書きで、酔っぱらって書いたであろう時は解読不明。
でも、今こうして過去を振り返ることができることは大きい。

だって、ママリン、とっても良い子になったんですぅ。
暴言、暴力、徘徊の認知症スパシャルフルコースだったのに、今は私の言う事を「はい」とお返事する可愛い可愛いボケばーちゃんなった。
たぶん、認知症が進んで新たな段階に入ったんだと思うが、それは、おって。

では、まだまだ荒ぶれていたママリンを振り返っていくことにする。

土曜日の奈奈さんは7時までなのだが、またまた早退。
実はもぅ面倒が見切れないそうで、ケアマネージャーさんに「実は酒井さんは辞めて欲しいんです。他の利用者さんに迷惑がかかるんで」と、1月よりギブアップの要請があるそう。
ケアマネージャーさんが、土曜日に預かってくれるとこが見つかるまでなんとか…と、お願いしてくれている状況。

今日と明日は、『猫ふんじゃったなギャラリー』の搬入で、作家さんが続々と来られる中で、ママの早退はピンチである。

アンパンとお菓子を目の前に置いといたら、勝手に食べて6時半に勝手に寝てくれる。ラッキー。

しかし、ムクッと起きて来ては「あ〜、なんで私は寝たらあかんの?」。
「だから〜、もう寝てたやん、自分が勝手に起きてるんやから、ネンネコしたらいいやん」
「いいやっ。こんな恐ろしいところで寝てられへん」
「寝てたくせに、何が恐ろしいんよ。目をつぶって寝たら、いい夢みられるわ」
「フンっ、寝たら寝首をかかれるから寝られへんのですっ」
「はいはい、そしてら、起きていてください」。

で、お疲れだったのか、「フンっ、ここで寝るしかないやん」で、すぐにイビキ。
ラッキーな夜であった。


[PR]



by asayosan | 2015-01-16 13:40 | 今日のママリン

ママの今までの総括。

おかげさまで、ママリン元気にやっています。
夏から徘徊も減り、ラクチンになってきました。

さて、ブルームバーグで、ボケリンママリンが記事になりました。
それはそれはきめ細かい取材を受け、その姿勢に感服していたのですが、記事と情報も素晴らしい。
認知症は世界の問題…。
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NE779A6K50XV01.html

なんか、過去からの全てを見事に総括して頂いてます。
で、これからのママリンもまた更新しますので、よろしくお願いします。

[PR]



by asayosan | 2014-11-05 13:17 | 今日のママリン

4/11(金)昨日の今日の3時間超えの徘徊で、重大な決断をする私。

e0200261_14321838.jpg
e0200261_14323883.jpg
5時に帰ってきて、すぐに夕食。
イカとじゃがいもの炒め煮、ひじき、きんぴらごぼうは、とても美味しいそうな。

疲れた、しんどいで、食べたらすぐに寝てくれたのに、また帰ると起きてきました。

「夜はゆっくる寝るもんなんです。ママみたいに出歩く子は不良ですっ。もう、寝なさいよ。はいはいはい、、ジェフと一緒に寝なさいよぉ。ジェフはお布団に入ってるやん。猫の方が、よっぽど賢いわ」。
と、なんとか8時まで持たそうと説得したが、ギリギリ粘って7時半のジェフに注射、その後出て行きました。

またまた昨日と同じ御堂筋から四ツ橋に向かう同じルート。
しっかし、平野町でクルリと西に曲がり、北浜方向に進路を変えたぞ。
ラッキー。

しっかし、御堂筋でまた北上を試みるではないか。
「ママって、そっちは遠回りやわ。こっちで正解」
「いいやっ、この道まっすぐ、まっすぐ歩いたらいいんですっ」
「ママって、大阪の道は全部まっすぐやのん。1本間違ったら、とんでもないとこに行くで」
「そしたら、あんたは帰ったらいいやん」
「あっ、そう。そしたらバイバイ」。

で、また隠れて尾行するが、「そっちは遠回り」という一言でびびったのか南下して本町通りを西へ歩いて行く。

ノロノロ歩きのママに油断して…というか、もうダレダレ気分だったせいか、いい加減に尾行していた私、コンビ日で買い物をしてる間に、まさかのママを見失う。

ノロノロ歩きだったくせに、全く付近には姿もなく、誰かに道を聞いて東警察署に行っているのではという予感が見事に当たり、東警察署からケータイに電話「おばあちゃん、来てますよ」。

はいはい、近所なので、すぐに向かいますでママを拿捕するが、全然めげてないママ、「この子の家はイヤなんですっ。ここから逃げてきたんですっ。もういいですっ。自分の家に帰りますっ」で、また御堂筋方面に歩き出し、四ツ橋を超えるルートに突入。

もう、ええわいっ。朝まで歩け、どんどん歩け。ずっとずっと歩いて、しんどかったら野宿でもなんでもせぇ、で、完全に開き直った私は、完全に隠れて尾行。

しっかし、完全の隠れて尾行していたのに、ママに見つかってしったぞ。
「あっ、あこちゃんやん」とこっちのひょこひょこ歩いて来たママ、「あ〜よかった、トイレ、行きたいねん」。

で、またコンビニに連れて行くと、またまた1本出してました。

家に連れて帰ったのが10時50分。

もうこんな生活はムリである。
ジェフのとこもあるし、ここはママに施設に入ってもらう頃合いに来たのかもしれない。

前よりも、ずっとひつこく、頑固で、意地っ張りで…、こちらが善かれとしていることを全て叩きつぶされると、なんかアホらしい。

健康のための徘徊のおつきあいも、運動不足解消の域を超えて、疲れがドッと溜まり睡眠不足になだけである。

ここは、私とジェフと猫たちの健全な生活のためには、ママの排除、しかないのかも…。

ママ、残念やったな。お別れやわ。
e0200261_14331311.jpg



[PR]



by asayosan | 2014-09-16 14:31 | 今日のママリン

4/10(木)おいおいおいっ、もう寝てないやんかっ、で認知症+頑固者でタチが悪い。な

e0200261_13503805.jpg
深夜に帰って来て、さすがのママゴンも爆睡かと思ったのに、6時頃にまた出て行きました。中央大通りをズンズン東へ進み、とうとう陽の出を見てしまったぞ。
別に見たくもなかった春のご来光、そよ風さんのお迎えまで3時間もあり、中途半端な早朝の徘徊。

しっかし、中央大通りの途中で立ち往生そいてしまい、そこからは一歩も動かない。
家に帰ろうと言っても、「いいです。ここでいいんです」。
そよ風さんが迎えに来ると言っても「いいえ。ここに迎えに来てくれます」。
コンビニで買ったコーヒーを渡しても、「あんたの買ったものはいりません」。

で、私だけモーニングする。
じ〜とビルの花壇に座り続けるママを見張るのは退屈だ。
説得すると「あっち行け」と罵倒されるし、頑固なこと石のごとくで、これはもう人間でもなく怪物のようだ。

1時間、2時間が過ぎて、もうそよ風さんのお迎え場所までには行かなければならない。
「ここにはお迎えは来ないっ」と100回説明して、ノロノロと歩いてはキレるが、松屋町と平野町の交差点で、中国の山間部で酷使されたロバのごとく一歩も動かなくなる。
本人も疲れて足が動かなくなったようだ。

しかたないので、そよ風さんに電話して、待ち合わせ場所を変えてもらう。
ママの真ん前に止まってくれたそよ風号を見て、「あんたはやっぱり嘘つきやったな。ほら、ちゃんとここにお迎え来てくれたやん」。

おいおいおいっ、その手配をしたのは私やっ。

e0200261_13530889.jpg
e0200261_13513053.jpg5時にご機嫌で帰ってきて、豚肉のロースト、きんぴらごぼう、みそ汁の夕食。

「なぁ、今から母さんとこに行こうかなぁ」
「ママの母さんは死んでるぅ」
「なんや。死んでるんやったら、ほっとこか。我が身の方が、かわいいわ」。

って、あっさり死者を冒涜して、スコンと寝てくれたのに、5時半に出て行きました。

御堂筋から京町堀、説得も虚しく肥後橋まで来てしまう。
後ろからつけてた私の姿を見つけてると、「あっ、ちょうどよかった、トイレ行きたい」。
さっきからキョロキョロして歩いていたのは、おしっこができる場所を探していたのか…。

で、コンビニでトイレを借りて出て来ると、「1本、出ました」。
おいおいおいっ、ウンチしたかったんかっ。

で、急に「ありがとやで。迎えに来てくれたんやな。世話になるね」と殊勝なことを言い続け、7時半に家に帰って、すぐに寝る。
ジェフの注射もギリギリ完了。

もし、今晩も深夜の徘徊をやらかしてくれたら、もう放置すると決める。
e0200261_13535728.jpg

[PR]



by asayosan | 2014-09-06 11:18 | 今日のママリン

4/9(水)せっかくのGOZO時間を台無しにして、深夜の徘徊で私キレる。

4時45分と早めに帰って来たので、GOZOに行く。

奥ちゃんに「昨日は朝まで歩かれてんやでぇ。今日は絶対に出て行ってもらいたくないから、ここで遊んで家でコテンと寝てもらう作戦やねん」で、ママの話にもあわせてご機嫌にさせておく。

「あ〜,人生は楽しいわぁ。いろいろありますねぇ。あんたはいい加減やけど、人に迷惑かけへんからいいわぁ」
「って、人に迷惑かけてるママに言われたくないわ」
「私が誰にめいわくかけてるって言うの。いい加減なことを言いなさんな」
「はいはい。私は不良でございます」。
e0200261_16224397.jpg

で、ご機嫌で6時15分に帰ってきたのに、「ありがと、ほんでは帰るね」で、すぐに出て行きました。
中之島公園に誘導して8時15分に帰って来て、ジェフの注射も任務完了。

しっかし、1時30分に出て行ったぞ。
後をつけていると奥ちゃんに会い「今日もチエッ、やわ」でシャドーボクシングをする。

ママは手話というかジェスチャーというか指揮者というか、両手をパラパラさせて歩いては、知らない人や電信柱にまで挨拶してる。

「ママって、もう夜中やから…、夜中は寝るもんと決まってるから、寝たらぁ」
「夜中でも朝でも関係ないですっ。子供たちを捜さなあかん」
「そしたら公園に行こか」
「あそこにはおらへん。あんたが子供を本気で探すような女やないっ」。

はい、その通りで…、大昔に子供だったあこちゃんを探す気などない。

で、今晩はひつこい。
声をかけても逆上するので、「ママって、こんな夜中に遊んでる子供はろくな子やないわ。親の顔が見たいなぁ」
「親はあんたやないのっ。あんたがいじめるから出て行くんやっ」。
で、さらに逆上。

も〜〜〜、絶対に〜〜〜、施設に〜〜〜、入れたるぅぅぅぅ、で、10メートル以上離れて、ママの毒を吸わないようにする。

で、4時過ぎになり、こっちにちょこちょこ歩いて来ると、「あこちゃん。あんた大丈夫かぁ。家はどこにあるか、あんた分かってるのぉ」。

「はいはい、家はどこか分かってますよ」
「そしたら帰ろか。あんたが分かってたら、心配ないわ。あんたはやっぱり偉いなぁ」で、4時半頃に帰ってきました。

今頃、ゴマすってももう遅いわい。
施設の入って、毎日『トムとジェリー』を唄ってたらいい。

GOZOでの楽しかった時間が、遠い遠い昔のような…。

[PR]



by asayosan | 2014-07-28 16:22 | 今日のママリン

4/8(火)6時半に布団に入る前の、エネルギー全開でしゃべりまくるママリン。

あんまり寝てないのに、そよ風さんでは元気にウロウロしてたそうだ。
どんなけ元気やねん。
私は、「ねこふん」冊子のミナミ方面への配布でフラフラである。

e0200261_15443655.jpgよって夕食はきしめんんのパスタ風の一品のみ。
ママは食欲がないそうである。

「悪いけど食欲ないねん。もう寝かせてもらうわ。あ〜、えらいことした。他所の家なんかに来るんやなかったわ。明日、車で帰りますぅ。あ〜、もうめんどくさい。死ぬわ。なぁ、車やったらいくらぐらいかかるぅ?どこの家って、私の家に帰るんです。ここにおったらいろいろうるさいっ。母さんが明日迎えに来てくれますので…。すみませんがもう寝かせてください。みんな集まったら帰れるんで…、10人ぐらい集まらな車がけーへんから…。私みたいの死んだら喜ばれる人間もおらへんやろぉ。ジェフが可哀想やけe0200261_15444415.jpgど、ばーちゃんがみてくれりやろぉ。えっ、女の子が育ててくれるのぉ。ジェフは大歓迎されるのぉ。よかったね。あ〜、そしたら私は死にましょかね」。

私が『トムとジェリー』を観ている間、ずっとしゃべりっぱなしである。

「ママって、しんどいんやったら、おしゃべり止めて布団で寝たらぁ。布団の中の方がゆっくり死ねるで」
「はいはい、あんたは私が邪魔やったな。おやすみなさい。あっ、その前にこれ、もろとこ」。

で、アメチャンをごっそりくすねて、6時半に布団で寝てくれる。
布団の中で、また誰かと妖怪電話をかけている。

元気、ありあまってるやないの…。

テレビよりうるさいママリン。




[PR]



by asayosan | 2014-07-28 15:46 | 今日のママリン

認知症のママリンの日々の暮らし
by asayosan
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
今日のママリン
過去の出来事
個人的に思う事
ママリン語録
ママリンのホラ話

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧