ボケリン・ママリンの観察日記

<   2011年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧




8月30日(火)11時から7時まで、食事以外はほとんど歩いていたママリン。

さぁはじまったぞ、まるまるママ・デー。
起こさないでいると10時半頃まで寝ていてくれたので、作品搬出の作業をする。
あと少しで、佐川急便に集荷できるので、出たり入ったりしてるママに、「もう少し、待っててなぁ。そしたら散歩に行くからぁ」で、11時頃までごまかす。

で、集荷の荷物を終えて、ママが帰ってきたら内藤整形外科に行こうと思っているのに帰ってこない。帰って来て欲しい時に帰って来なくて、午前の診療は12時30分までなので、タイミングを逃す。

で、12時7分に、天満橋交番から電話。
迎えに行くとご機嫌である。ママと顔見知りのお巡りさんとお話してたそうだ。

「あんなぁ、あのお巡りさん、優しかったわぁ。あんたのことも知ってたわ。私の顔を見たら、あっこちゃんに電話しますねって、あんたの名前も知ってたよ。私があんたの話するから、よぅ分かってはったみたいやわ。あのお巡りさん、あんたに気があるんとちゃうかな。もう来たらあかんよって言われたけど、そしたらあっこと会えませんよって言ったら、それもそうやなぁって、笑ってたわぁ」。
よぅできた話だが、後半はママのねつ造だろう。

e0200261_1195880.jpgちょうど昼どきになったので、大阪歯科大学病院の最上階のレストランに行く。
ここは眺めが素晴らしいのだ。

ママはオムライスで、ビールがなかったので私はラーメンにする。
ママは福神漬けがすごく美味しいそうだ。

ママは子供のようにフロアを歩き回り、窓から景色を見ているが、自分から写真撮って撮ってと、ポーズを決める。
完全にお登りさんの親子である。
e0200261_11154177.jpg
e0200261_1116068.jpg
e0200261_11174968.jpg


午後の診療は2時からなので、ドーンセンターに行ってママ向きの講習会がないか探す。
参加費500円ぐらいで興味深い集まりもあったが、ママ向きのものはなかった。

そこからボチボチ歩いて、2時ジャストに内藤整形外科について、ほっぺの傷の抜糸をしてもらう。
で、明日も来て、水をはじくスプレーをしてくれるそうで、これで、お風呂も気を使わなくてもバシャバシャ洗えるそうだ。
これで、今日の最大の目的、顔の治療をしてもらうをクリア。

e0200261_11225456.jpg帰りにサンマルクカフェに寄って、ママはアイスクリームで幸せ一杯。
「あんたも一口、食べてみなさい。美味しいわぁ」と、進めるので一口食べたけど、強烈に甘い。

「あ〜、しんど。よう歩いたなぁ。大阪一周したんとちゃう。疲れたわぁ」と、ソフアに転がったっのが3時前。
ほぼ半日、どうにかまとめあげた感じである。

しかし、5分もしたら3時には、出て行っていまい、すぐに平野町交番から電話。
マンションの1階で理事長に会い、「今日は出たり入ったりしとるなぁ。しお風さんは、休みなんかぁ。追い出されたんかぁ」としゃべっていたら、ママがお巡りさんに連れられて帰って来る。

「みんなが心配するから、家におらなあんやないか」と理事長に怒られるが、それでも散歩に行きたいそうなので、「船場センター街を歩いてきますわ。あそこはエアコン効いてるんでラクなんです」と、理事長と別れる。

約1時間、船場センター街の地下をブラブラして、ママがしんどい、疲れたと言い出したので帰る。
で、またまた5分もソファに座っていただけで、荷造りをはじめる。
「ほんなら、明るいうちに帰るわ。ありがとうね」と、二つのカバンに荷物を詰めて出て行った。
「バイバイ、気をつけて帰りな」と答える。

4時40分に東警察から電話。
「今日は安土町交番に行ってるみたいです。よろしくです」で、迎えに行く。

「平野町交番勤務の時に、何回か顔を見てたので、すぐに分かりました。平野町からここまで歩いてるんですかぁ。元気ですよねぇ」と、お巡りさん。
安土町ぐらいなら、ママにはプーである。
今日はすでに11時から、食事中以外は、ずっと歩いているのである。
それでも、「元気が一番ですよぉ」と、お巡りさんは、ママの足腰に感心する。

e0200261_1528652.jpge0200261_15282290.jpg5時が回ったので、ママの荷物を部屋に置いてきて、GOZOに行くことにする。

今日のお勘定は、ママの年金から頂くことにして、アスパラバター、トマトサラダ、豆とホウレンソウとあさりのスープ、牛フィレのステーキ、アジのソテーの大盤振る舞いに赤ワインのデキャンタ。

「やっぱり大阪は食い道楽やなぁ。こんな珍しいもんばかり食べられるんやったら、ずっと大阪にいるわ。私の年金、使ってね。えっ、これ、私の奢りやの。いいよいいよ。奢ってあげるわ。何でも好きなもんとりなさい」。

久々の牛ステーキは油ギッシュで美味しく、ワインとよく合う。
しかし、私が店の奥ちゃんとしゃべっていたら、大事な大事な牛ステーキ様をママがパクパクと食べてしまい、なくなっているではないか…。
デキャンタにはワインが半分残っていたので、ステーキの量と加減していたのに、ショックである。

途中、ママが寒い、寒いと言い出したので、家から羽織るもんをとって来て、ついでに温泉のパンフレットもとってきて、それを見ながらチビチビワインを頂く。

退屈してきたママには、ケーキとミルクコーヒーをもらい、7時前にディナー終了。

天満橋交番、平野町交番、安土町交番と、3回もお巡りさんのお世話になって、こちらもフルコースであったが、まぁまぁうまくまとめあげた1日であった。

本日の評価:017.gif017.gif046.gif045.gif044.gif011.gif018.gif043.gif
本日の家出:無数(天満橋交番、平野町交番、安土町交番)
[PR]



by asayosan | 2011-08-31 11:35 | 今日のママリン

8月29日(月)ママへのお土産も多く、おやつが潤う。

e0200261_1244156.jpg今月はあと3日しかないのに、介護ポイントの調整で2日、デーサービスを休まないといけない。
9月2日は、済生会病院の予約があるので、今週は3日間も、まるまるママ・デーがある。

どのようなプランにしょうか、検討中。

ママは布団の中ではグヅつくが、起きてしまえばオロナミンC状態で、自らベランダに行ってジェフたちのブラッシングをしている。
でも、猫のブラッシングより、ブラシに付いた毛をむしる方に夢中になる。
猫たち、お預け状態。

で、高額医療費の還付請求をしたので、まとまったお金が返ってきた。
ママの医療費はたいしたことない額なので関係ないと思っていたが、介護施設の利用料(後期高齢者医療)と足したものの自己負担額で計算されるそうで、ケアマネージャーの松岡さんが、手続きしてくれたのだ。
おまけに過去10年にさかのぼって還付されるそうで、結構な額となる。
さらに、5月は手首骨折手術の支払いが多かったので、それも還付されてきた。

知ってると知らないでは、えらい違いの手続きのおかげで、思わぬ臨時収入。松岡さんに感謝。

で、そのお金で、私の慰問も兼ね、ちょっと温泉でも行こうかと考えているのだが…。

ママが5時半に帰って来て、きんつばのおやつ。
ギャラリー開催中は、お土産、差し入れをしてくれる方が多いので、ビール、ワインが潤う。
ただ、ギャラリーでもビール、ワインを売っていて、アサヒスーパードライ1カートンを差し入れてくれたお客さんに、うちのアサヒスーパードライを400円で売るというのもアレなんだが、これが貴重な現金収入なのだから、1缶はサービスにして、後はキャッシュでもらうと割り切ることにする。

で、「お母さんに食べてもらってください」と、ママの好物の甘いものをお土産にしてくれる方も多く、ママのおやつも上等なもので潤う。
ママもすっかり、ギャラリーのマスコットガールになったようだ。

e0200261_9123190.jpg散歩に行こうと誘われたので、プラザ大阪の足湯「ひょたんの湯」に行く。
汗でベトベトだった足がサラサラになるが、ポカポカと身体から汗が吹き出してきて、やはり温泉は、首までつかりたいものである。と、また温泉プラン。

月に1回、1泊2日の温泉旅行を組み入れると、デーがお休みの日の徘徊につき合わされることもなく、休養がとれそうで一石二鳥である。
ネットで調べたら、安い宿泊プランも結構あったので、外食を控えればお金もなんとかなりそうだ。
というか、ママの年金、使ってしまえ、である。

e0200261_921453.jpge0200261_9221474.jpge0200261_17202916.jpg6時過ぎに帰ってきて夕飯。

鮭のムニエルのバジルマヨネーズ、アスパラとブロッコリーのサラダ、きんぴらごぼう。
アスパラがすごく美味しいそうである。

最近、「よく噛め、よく噛め、20回噛め」の洗脳が効いてきたのか、ママの早食いが改善されてきた。

「なぁ、私ずっとここにいていいの? いいの。えっ、3年いるの。おかしいなぁ、なんも覚えてないわ。えっ、それが認知症やの。でも、これからは覚えているように努力するわ。覚えていたら、治るんやろ。えっ、覚えてるのはムリやの。それが病気やの」
「別に3年前のことも、昨日のことも、さっきのことも忘れていても支障ないやん。どうせ、さっき足湯の行ったことも忘れてるんやろぉ。過去のことは忘れていいから、これからやることだけを考えとき…。目の前のことだけ考えてたらラクチンやん」
「そうかなぁ。私、覚えときたいなぁ」
「それはムリムリ、あきらめなさい。まぁ、朝起きて、そよ風さんで遊んで来て、うちでご飯たべて、散歩に行って寝る、という、このパターンやから安心しぃ」
「へぇ〜、結構な生活やなぁ。それで、お金、足りるの? 大丈夫やの。そしたら安心やわぁ」。

と、ご機嫌で、自分の皿の洗いもんをして、また席に戻る。
引き続き、「このきんぴら、流しに持って行っといて。この皿も空いたから、洗っといてなぁ」と頼むと、これにプチンときたようなママ。

「はいはい。わかりました。なんで、私がこんなこき使われんといかんのよ。ちゃんと払うもんは払ってるんやからなっ…。偉そうにぃ…。何様やねんっ」とブツブツ。

洗いもんを終えると、「ちょっと電話してきます」と7時10分に出て行く。

7時30分に東警察から電話。
「来てはりますよぉ。よろしくです」の簡単な業務連絡。

迎えの行くと、「あこちゃん、迎えに来てくれたん。帰ろ。どうも、お世話になりました」と、あっさりと帰ってくれて、今回はゴネなしだったので、お巡りさん全員が安堵の笑顔。

で、8時に就寝。
「明日、どこ行くの」と何回も聞かれるが、デーはお休みだがめんどくさいので「しお風さん」と答えておく。

本日の評価:001.gif018.gif045.gif044.gif021.gif015.gif019.gif
本日の家出:1回(東警察)
[PR]



by asayosan | 2011-08-29 12:55 | 今日のママリン

8月28日(日)8月最後の日曜日は、のどかなり。

3時30分に、ショートステイ先のさくらさんに迎えに行く。

4人のおばあちゃんたちとテーブルを囲んでおしゃべり中だったが、私の顔を見ると「あっ、あこちゃん。娘が迎えに来てくれました。これが娘なんです」と、立ち上がって紹介してたので、「仲良して頂いてありがとうございます」とお礼。

楽しそうにおしゃべりしていたのに、帰る方がもっとうれしいようで、エレベータの間に来ても、「ちょっと、挨拶してくるわ」と席に行って、「娘が迎えに来てくっれたので、帰ります。それではお先です。さいなら。バイバイ」と言いに行っている。

まるで、お母さんが保育所に迎えに来て喜ぶ園児のように、先に帰れるのはちょっと誇らしいのだろう。
案の定、「私が一番やったわ。みんなお迎えがまだ来ないみたいやわ。お迎え、来ない人もいるんやでぇ。面白かったけど、疲れたわ。早よ、家に帰ろ」。

他の方が帰る、帰りたいモードにならないよう、さようなら、バイバイという言葉を避けて、ありがとう、お世話になりましたという言葉を使っていたのに、ママは大声でホールを一周してバイバイのご挨拶をしている。
皆さんも、バイバイしてくれて、まさに保育園のようだ。

歩いて家に帰ると、すぐにパジャマに着替えたママと一緒に歌舞伎を見る。
「あんた、歌舞伎が好きやったんやなぁ」と言うが、ママが昔好きだったからおつきあいしてるのだが、今はどっちでもいいようだ。
ソファに寝転んでウチワでパタパタして、アイスキャンデーを舐めてる。

e0200261_1243921.jpg5時前に早めの夕飯。

マンション前の花壇で、和歌山のおばちゃんと理事長が育てているゴーヤの、2個目の収穫となった貴重なチビゴーヤをもらったので、それで厚揚げと鶏肉をチャンプルしたもの、ブロッコリーサラダ、マカロニサラダ、きんぴらごぼう、アジの南蛮漬けで、品数は多い。

外食続きだったので、玄米ご飯にホッとする。
食事を終えて、私はアジの南蛮でビールを飲み、ママは空いた皿から順番に流しに持って行って洗いもんをして、テーブルを拭いて、ちょこまかと片付け、「冷蔵庫から、ビール取ってきてぇ」と頼んだりもして、立ってるもんは親でも使え状態。ラクである。

「あ〜、片付いたな。よっしゃ。ちょっと散歩に行ってくるわ」と言うので、アッパッパーに着替えてもらい、5時40分に外出。

6時からBS『江』を見ていたら6時20分に天満橋交番から電話。
10分ほどテレビを見て、自転車で迎えに行く。

交番についたら、「あんた、遅いやん」。
テレビを見てたの、バレたか。
「あんた、ダンナさんがいるんやろ。私がいてもいいのぉ。えっ、ダンナはいないの。えっ、結婚してないの。おかしいなぁ。男の人がいたやん」と、ママがお巡りさんの前で言い出す。
まるで私が男を連れ込んでママを追い出したみたいではないか。
「いないって。いるのは猫だけやん」と言うが、お巡りさん、誤解してなければいいが…。

e0200261_1224720.jpg天満橋まで来たので、京阪モールの屋上まで行き夜景を見る。
ビアガーデンもあるが、景色のいいエリアに椅子と灰皿があるので、無料のビュースポットである。
風も涼しくて気持ちいいのに、暗くなってきたのが怖いママ、「帰ろ、帰ろうやぁ。なんか薄気味悪いわぁ。ジェフがいないやん」。

トイレに寄って、本屋を見て、ブラブラ散歩して帰る。

この天満橋交番コースは、京阪モールで買い物もできるし、川沿いを歩いて、中之島公園に降りたり、いろいろアレンジができるので、私としても好みである。

もう少し散歩したい気分だったが、ママが帰る、帰ろうとうるさいので、ゴーストレートで帰ってくる。

で、7時半ごろ、ママはすぐに就寝。
8時から『江』の続きを見て、のんびりした日曜日がフェードアウト。

本日の評価:018.gif018.gif045.gif018.gif025.gif019.gif014.gif
本日の家出:1回(天満橋交番)
e0200261_1235282.jpg

[PR]



by asayosan | 2011-08-29 12:36 | 今日のママリン

8月27日(土)『18禁』も無事終了で、ママも無事の結果オーライ。

今日はショートステイの日で、お迎えが10時40分なので、たっぷり寝てもらう。
今日はお泊まりやからねと説明すると、「ええよ、ええよ。たまにはあんたも一人でゆっくりしなさい」としおらしいことを言う。

e0200261_10541.jpg本日は、『18禁』最終日。
この7日間、別に大きな事件も不祥事もなくギャラリーを終える。
好きにさせておいたのがよかったのか…、どちらにしてもめでたし。

大雨だったので、お客は少ないと思っていたら、夕方から満員御礼となりすごい熱気でビールが出る出るで、18禁バーは大繁盛。
9時頃まで延長したが、キリがないので無理矢理終了する。
この雰囲気を、ママが飲むか飲まれるかは微妙なので、やっぱりお泊まりにして正解であった。

片付けた後、一人でビールを飲む。
ゆっくり一人の時間で久々に夜更かししようと思っていたのに、夜更かしの仕方が分からなくなっていた。
結局、意味もなくテレビを見て寝てしまう。せっかくの一人の夜だったのに残念。

で、昨日の朝のエピソードを書くのを忘れていた。

1ヶ月ほど前から、瀬戸物にアメちゃんを入れたものをテーブルに置いていたのだが、ママはひとつも食べない。
北浜を散歩してた時、「あこちゃん、薬、飲まなあかんので、これむいて」とポケットから出したのがアメちゃん。
「これは、薬とちゃうよ、喉アメやん」
「ウッソ〜、ずっと薬やと思っていたわ。アメちゃんやったら、そっちの方がうれしいわ。食べていいぃ?」
で、はいはい、どうぞと袋をむいてあげる。

家に帰って見てみれば、10個ほど入っていたアメちゃんは全滅。
袋は灰皿に押し込められていた。いつ、食べたんやろぉ。

一つ食べたらやめられなくなり、最後の1個を薬と位置づけて保管していたあたりが心憎い勘違いである。
[PR]



by asayosan | 2011-08-27 16:32 | 今日のママリン

8月26日(金)『18禁』二次会に11時までしおらしくつき合った乙女心。

e0200261_14153833.jpge0200261_14192499.jpg昨晩は遅くまで起きていたのに、早起きしてしまうママ。
7時から喫茶北浜のモーニングに行き、いつもの三人衆がいつもの席に。
でも、ママはカウンター席の私の隣がいいらしい。

私が週刊誌を読んでいても、横で「美味しいぁ、美味しいぁ」と言いながらも大人しく食べている。
が、はじまりました、ゾンビトーク。
「なぁ、うちの母さん、どこにおるの。死んでるっ。うそっ〜、なんで死んだん?」に、後ろの席の三人衆も、「今日は大人しいなぁと思っていたけど、やっぱりはじまったなぁ」。

まだまだ時間があるので、中之島公園のバラ園に散歩に行く。
「まるで外国みたいやわぁ。大阪にこんな緑がいっぱいのとこあったんやねぇ。初めて来たわぁ。パリみたぁいやわぁ。気持ちいいなぁ」。
剣先公園は、パリのシテ島を模して作られているそうなので、パリみたぁいは、まんざらウソでもない。
ここは私らの庭である。
e0200261_1455493.jpg


で、モーニング偽パリ観光の後、元気にそよ風さんに出発。

e0200261_1543174.jpge0200261_15434397.jpg5時半に帰って来たママ、ちょっと出て行っては、「ただいまぁ」と帰って来て、ギャラリーで偽客をしたかと思うと、また出て行って、帰って来たりしてる。

りえちゃんとみさちゃんが、「一緒におしゃべりしましょうよぉ」と誘っても、「ごめんね。ちょっと散歩に行ってくるわ。すぐ帰ってくるから…ごめんね」。

今までは話相手がいたらおしゃべりに夢中になるのに、最近は出て行きたいということに優先線順位が勝っているようだ。

で、6時53分に天満橋交番から電話。いいタイミングだ。
ちょッと抜け出して自転車で迎えに行く。
「ごめ〜ん。迷子になってしまってん」と泣きべそ。
「泣かんでいいから、ねぇ〜」で、お巡りさんたちにバイバイされて帰る。

「みんなでご飯食べに行こうって、ママのこと待ってたんやよ。早く帰って、ご飯に行こ」
「あれほんまにぃ、それは悪かったなぁ。早く帰ろか」
で、横山さん、muneさん、お客さんらと、とく兵衛に行く。

が、満員なので、2階の宴会席に案内されるが、ズラリと並んだ個室に、我々が陣取った奥の広いテーブル席と、メチャ広いではないか。昔のさぞやここもワイノワイノだったんだろう。

で、『18禁』流れの二次会なので、話題はエロ一色で、他のお客さんがいないので、思う存分エロ作品について語り合う。

ママは、珍しくずっと大人しくみんなの話を聞いている。
帰る、帰るも言わないし、結局11時まで、宴会につき合ってくれる。

次に日、横山さんが、「昨日は帰るって言わなかったなぁ。男が多かったからかなぁ。たぶん、muneさんがタイプだったんだと思うよ。mune さんの顔ばかり見てたもん」ということで、ママの乙女心がスパークして、しおらしかったのではないかという推理。
当たっているかも…。エロばあちゃんである。

本日の評価:001.gif043.gif045.gif018.gif044.gif044.gif045.gif045.gif
本日の家出:無数(天満橋交番)
e0200261_16134639.jpg

[PR]



by asayosan | 2011-08-27 14:19 | 今日のママリン

8月25日(木)20代、30代、50代、80代の女子会である。

朝は、いつもの通り、元気に出発。
昨晩は、「もぉ、学校、やめていい? 同じ勉強ばっかりで、これ以上行っても身にならんわ。もう少し、向上できるようなとこがいいわ。やっぱり、神崎先生とこで看護婦するわ」と、言っていたが、一晩寝ればコロリと忘れて、「しお風さんん、大好きやわぁ。行かせたなぁ」である。

で、今日は遅めの6時前に帰って来たママ。
おやつを食べてもらい、「ギャラリーにいるから、退屈したら上がっておいでな」と声をかけると、「うん、わかった」。

で、一人で出たり入ったりしているようだ。
6時37分という微妙な時間に平野町交番から電話。
お客さんもポチポチ来られるので、また一人で帰らせてくださいとお願いする。

7時7分に、また平野町交番から電話があり、チャコ、卯月響子ちゃんとそのお友達を残して迎えに行く。
お巡りさん、7時までママのお相手をしてくれていて、「いろいろお話して、楽しかったです。また来ますね」とご挨拶して一緒にギャラリーに帰る。

で、美人が楽しげにおしゃべりしてるギャラリーで、ママまた興奮。
「まぁ〜、お綺麗な方ばかりでぇ。私みたいなおばぁが来て申し訳ないですねぇ。ほんと、あっこはたいしたことないのに、お友達は良い方ばかりで…ほんと恵まれてます。いつまでもおつきあいしてあげてくださいね」と、母親らしい挨拶。

ママに主役をとらせたなるものかと、クーもやってきて、男1匹ハーレム状態。
e0200261_13112774.jpg

それから、みんなでとく兵衛に行く。
みんなママの足に合わせてゆっくりゆっくり手をつないで歩いてくれて、私はどうしても先先と歩いてしまう男足。
私はどうもそういう優しさが足らない。

20代の素晴らしい食欲と、80代のマシンガントークに引っ張られ、華やかな食卓となり、ママのボケ発言と私への悪口が大受け。

チャコは老人ホームに歯磨きのボランティアもしている歯科衛生士で、卯月響子ちゃんはストリッパーもしている看護士。医療関係者が2人もいて、さすがにママの扱いも上手い。

で、やっぱり認知症であっても、自由に散歩してもらい、外に連れ出した方がいいそうだ。
街に普通に認知症の老人が歩いても、それが普通な世の中になればいいそうだ。

ただ問題は、もし事故やケガをした場合、外に出した家族(自分たち)が世間的に責められるのではないかという危惧が、認知症を閉じ込める傾向になってしまうそうで、要は、自分たちが失態(ケガをさせない)をしないように、認知症の自由を抑制しているということらしい。

たしかに、認知症だけどオープンにしてるおかげで、ママは転けてよくケガをする。
でも、認知症でなくても、老若男女みんなが、転ける時は転けるはずだ。

「でも、ママ、手首折った時は、入院したその日に暴れて外泊許可が出てしまったし、こないだ救急で運ばれて入院した時も、点滴を引き抜いて一晩中わめいていたらしいし、やっぱり認知症というのは迷惑なんやろぉ」と聞くと、
「いやいやそれがオモロいんやて。こないだもおばあちゃんが、大きな荷物を両手に持って深夜の病院に、すみませんがここに泊めてくださいって来たけど、話を聞くと娘さんは夜の商売で、孫は高校生で相手をしてくれなくて、それで家出してきたって…、そんな話を聞くのは面白いんよ」
「私も老人ホームに行って、おばあちゃん同士がメチャクチャな話をしてるの聞いてると、大笑いさせてもらってるもん。可愛いやん」。

ほ〜、そうか。職務としての看護士とか歯科衛生士としてのプロの立場はあるが、人としては、ちょっとおもろい体験、経験となるらしい。

そう言えば私もヘンな奴、無神経な奴、自分勝手な奴、いわゆるモンスター系の人と会ったりすると、「なぁなぁ、こないだすごい人と会ってん」と、笑い話のネタにしてるもんなぁ。
聖人君子の話より、ちょっとイタい人の話の方が、話題としては面白いもんだ。

で、さんざん私の悪口を言ってるママ、
「この子はたぶん、産院で取り違えられたんやと思います。私も父さんも本当に真面目な人やのに、なんでこんなハチャメチャな子が出来たんやと、いつも不思議やったんです。
どこも私たちに似たとこがないんです。女の子を産んだのに、性格は男みたいやし、父さんはきれいな酒やのに、この子はダラダラといつまでも飲むし、父さんにも目上の人にも、ギャーギャー反抗するし…。みなさん、よぅこんなんとつき合ってますねぇ。私は親子やから、もぅしかたないからつき合ってますけど、時々イヤになります。本当はよその子やったんやと思えば、あきらめもつくし…。産院で取り違えれたと思うんです。自分が産んだ子やと思ったら、腹が立ちますから…」
と、言いたい放題。
「あ〜、あんたの悪口言うと、スッキリするわぁ」らしい。

で、9時半頃まで飲んで解散。
ママは、ちょっと自分から話がそれると、「あんた、いつまで飲んでるの。もぉ、遅いわ。帰るよ。帰ろ」と、普通の主婦になってしまう。
自分が主役じゃないとイヤなわけである。

ママに「今日は面白かったなぁ」と言うと、
「私をダシにして飲んでただけやん。あまり面白なかったわ」。
ヒイェェェェ〜、あんなけみんなに持ち上げてもらって、アサヨ劇場の主役をやれせてもらってたくせに、面白なかったって…。
認知症、恐るべし。

本日の評価:018.gif018.gif045.gif044.gif018.gif041.gif043.gif019.gif
本日の家出;数回(平野町交番)
e0200261_1414242.jpg

昼間、堺筋本町の西で、正彦に偶然会う。会社がこのあたりらしい。メチャ近所やん。疲れた中年男から普通のサラリーマンになっていた。なんか雰囲気が違うなぁと思っていたら、髪を切っていた。振り返って見ると、ポニーテールがなっかた。
[PR]



by asayosan | 2011-08-26 14:03 | 今日のママリン

8月24日(水)しゃべっていたら幸せって、そんな幸せ感ってあるのか。

朝はご機嫌に15分ぐらいで準備して、また管理人室でくちゃべっているママ。
元気にさくらさんに出発。

4時過ぎになおちゃんが遊びに来てくれて、下でビールを飲みはじめる。
ギャラリーのドアがチャリンと鳴ったら、接客に行くという二重生活。
こういう時は、職場(ギャラリー)と自宅が一緒なのは便利だ。

ママも4時半に帰って来て、わらび餅のおやつにして、ママのマシンガントークがはじまる。
「ほんま、ここに来て幸せなんです。父さんとこにはもぅ帰らないつもりなんです。あの人、口がうるさいから料理も何品も作らなあかんし、おいっ、風呂、飯、氷、りんごちゃんって、自分の欲しいものを命令するだけで…、私のこと、女中かなんかとしか思ってないんです。いや、奴隷のような毎日やったわ。私がここに逃げてきたから、今はちょっと困っていると思うけでど、ざまみろやわぁ。口答えなんかできへんし、なんか私がしゃべっても、黙っとれって怒られて、無口な人やったから、一緒にいてもなんも話もできないんですよ。それに比べたらここやと、皆さん、私の話を聞いてくれるんで、もぉ、ずっとおしゃべりしてるんです。私がブスでしょ。正夫さんは男前やったから、偉そうにしてるんです。もろてやったって、恩に着せられて、なんも楽しいことなんかなかったわ。だから、迎えに来ても、帰らへんもん」。

と、今回は正夫さん批判である。
あんなけ、「大好き、大好き、大好きやったから、尽くして、尽くして、尽くすのが幸せだった」と大ノロケしていたくせに…なおちゃんと顔を見合わせて苦笑。
まぁ、今日はそんな気分の日なんだろう。
でも、これが本音なような気がする。

e0200261_172346.jpge0200261_1725123.jpg6時を回ってピザを頼んで、本格的にワインを飲み出した私たち。

ママはピザが大好物なので、大喜びである。
口にピザが入っているのに、私たちの話に、いちいち噛んでくる。
そないに、しゃべりたいんか…。

「だって、正夫さんといたら、しゃべられへんもん。こんな時にしゃべとかんと、しゃべれる機会がないもん。私、しゃべるの大好きやのん」。

私がギャラリーに上がっても、なおちゃん相手にしゃべりまくっているので、幸せなママリン。

で、最近、そこそこ美味しいけど、すごく美味しい店が減ってきたなぁという話になる。
なおちゃんの周りでは、みんなクーポンを利用して、20%や30%の割引してもらい、クーポンのない店には行かない若い子が多いらしい。

そこそこの味で割引してもらうよりは、正規の料金で美味しい方がいいいわけで、常連になって、ワインや酒を多めに注いでくれたり、ちょっとオマケの一品を出してくれる方が嬉しいし、それを我々は“人間クーポン”と名付ける。

ママはしゃべり疲れて7時頃に寝て、8時頃、私たちも、ものすごい睡魔に襲われる。
この8時から9時頃、ものすごい睡魔に襲われるという人が、けっこう多い。
ほんの少し寝してしまうと、復活できるのだが…、で、寝てしまう。
これは、歳のせいか、気候のせいか、地球の磁場のせいか…。

また起きて少し飲んで、9時過ぎのお開きとなり、私はそのまま寝ることにする。
長い1日だったように思うが、すごい早寝である。

『18禁』5日目も、無事終了でめでたし。

本日の評価:018.gif018.gif043.gif045.gif018.gif005.gif014.gif
[PR]



by asayosan | 2011-08-25 17:34 | 今日のママリン

8月23日(火)5時40分に出て行って、7時ジャストに帰ってきた奇跡。

e0200261_1535799.jpg一緒に起きて、ママが出かけるまで、こうしてママにべったりのジェフ君。
どんなけば〜ちゃんっ子やねんのジェフだが、ママが機嫌のいい時にしか寄ってこない。
ジェフはママのご機嫌のバロメータである。

で、今日もお迎えの30分前から、「下で待ってるわ」と出て行く。
管理人室で、理事長と浅井さんとくっちゃべっていたママ。
「よ〜ぅ、しゃべるなぁ。しゃべりっぱなしで、テレビが見られへんかったわ」と理事長。
そう、起きてる間は、お口が閉じることはない。


e0200261_1542017.jpge0200261_15421684.jpge0200261_15423638.jpg5時に帰って来たママに、ギャラリーを見てもらう。
毎日見てるけど、いつ見ても新鮮、下に降りて、上がってきて5分経って、「あれ〜、展覧会してんのぉ。ちょっと見せてもらっていい」と、一から真面目に鑑賞している。

ちょっと外に出かけたようだが傍観して、女性のお客さんが2人いるギャラリーに、血相替えて上がってくると、
「あんた、帰るからお金、貸して。電車賃がないんよ」
「貸すほど持ってないわ。帰るのは明日にしぃよ。もぅすぐ夜やから」
「夜でもなんでも、帰らなあかんの。ないなら、銀行に行って出してきてっ」
「7時まで店番せなあかんから、それまで待ってて」
「あんたはズルいなぁ。貸す気なんかないんやなぁ。私のお金も全部と取り上げてるくせに、お金、返しなさい!!!」
「ちょっと、お客さんがいるから、閉店してから話、聞くからぁ」
「またうまいこと言うて逃げる気やなぁ」

お客さんがいるのに、ママがこういうパターンになった時は、ス〜と血の気が引いいていく瞬間だ。
しかし、「もういいっ!!!歩いて帰ります」で、5時40分に出て行った。

出て行かれるには時間が早いが、今目の前のママのヒステリーという危機を脱せられてちょっとホッとする。

女性客2名は、別に驚くこともなく、帰るわけでもなく、自分のペースで作品を見て、それぞれ自分のペースで「ありがとうございました」と帰って行かれた。
私が気にするほど、ママには気を止めてないようだが、ロバの耳してるかもしれない。

前に中崎町の民家を改装したおしゃれなカフェに、おばあちゃんがいつも窓際の席で腰掛けていた。
ギャラリーのDMを持って行く度にお会いするのだが、「長い髪やねぇ。髪は女の命やから、大切にしなさいねぇ。長い髪やねぇ。黒い色にしときなさいよぉ。髪は女の命やからねぇ」と、ニコニコ同じことばかりおっしゃるのが可愛らしい。
たぶんちょっとボケが入ってられる感じなのだが、そんなおばあちゃんをカフェの店番を頼んでいる(いてもらっている)オーナーに、私は好感を持った。

天五にある天ぷらの「天平」にも86歳のおばあちゃんがいて、お客さんが出入りする度に「いらっしゃいませぇ」「ありがとうございましたぁ」と、座ったままだが大きな声でしっかりご挨拶され、これにはお客さん全員が笑顔になる。

うちのママも、機嫌が良ければ可愛いおばあちゃんなのだが、今日はアウトだ。

で、6時17分に平野町交番から電話。
「7時まで店番があるので、迎えに行けないんです。そこからだと、自分で帰れるので、帰してください」と頼むと、「本当にいいんですね。帰らせますよ。大丈夫ですね」と念を押されたが、今日は怒って出て行ったので、無事帰還の確立は極めて低い。
ギャラリーを閉店してから、どこぞの交番からまた電話があるパターンになりそうだと覚悟する。

土曜日にギャラリーをオープンして3日目、そないにうまく行くわけがない、今日あたりが長期徘徊日になりそうで、それはしかたない。

で、7時に閉店して、片付けをして、ママを捜しに行こうとマンションの1階に降りたところで、ママと鉢合わせする。
「あ〜あっこちゃ〜ん。よかった。どこやったやろぉって、ずっと探してたんよ。こんなとこで会うなんて、神様が会わせてくれたんやわぁ。どうしようかと思っててん。あ〜、よかった。よぅまぁ、偶然に会えたもんやわぁ。やっぱり親子の縁なんやなぁ。あ〜、ずっと家を探していて、疲れたわぁ。はぁ〜、よかったぁぁぁ」。

と、プリプリで怒って出て行ったのに、嬉し幸せの涙の再会となる。

e0200261_16264061.jpge0200261_16265798.jpg夕飯は、しめじ、タマネギ、ピーマン、ニラをたっぷり入れた麻婆豆腐だけで、10分でちゃちゃと作る。

結構な量だったが歩き疲れてお腹がすいていたのか、すごく美味しいそうで、パパッと完食。

それにしても、うちの食事のたんぱく源は、豆系(豆腐、厚揚げ)の依存率が高い。

7時半には寝てしまったママ。

『18禁』がはじまって4日目、行方不明も長期徘徊も遠方の交番からの呼び出しもなく、7時にはちゃんと家で食事をしているという快挙。
平和すぎて怖い。

本日の評価:001.gif045.gif018.gif022.gif022.gif025.gif007.gif001.gif014.gif
本日の家出:たぶん3回ぐらい(平野町交番1回)
[PR]



by asayosan | 2011-08-25 16:37 | 今日のママリン

8月22日(月)ブツブツ言っていたけど平和な18禁3日目。

トイレに入っていたら、ママが着替えてカバンを持って「ほんなら帰ります」と6時半頃に出て行った。
お迎えの時間まではたっぷりあるので、トイレから「気をつけて帰りなぁ」と声をかけて、後は洗濯やらギャラリーの掃除やらの用事をする。

7時過ぎに平野町交番から電話があり迎えに行くと、「なんや、あんた遅いやん。もっと早く、迎えに来なさい」って怒られたが、電話から5分も待ってないやん。
でも、すぐに出たら1分半で着く平野町交番。近くてよかった。

で、そのまま喫茶北浜の行き、いつもの三人衆がモーニングしてる席にませてもらう。
私が帰ろうとすると、「あんたもおってよぉ。知らない人ばっかりや〜ん」と、心細い顔になるママに、「いつもコーヒー飲んでるじゃないですかぁ。一緒におしゃべりしましょ」と和歌山のおばちゃんがうまくとりなしてれて、私は家に帰る。

8時前に理事長が家に連れてきてくれて、みんなが『おひさま』を見終わる8時15分まで家に居てもらい、あとは自由行動とする。

お迎えまであと1時間、ママは下に行っては、「まだ来ないよ」と上がってきて、上がったり下がったりで忙しい。

「あこちゃん。あんなぁ〜、コラッ!エレベーターで遊んだらあかんっ!、って怒られてん。私、忙しいのに、なんで怒られなあかんのよなぁ」とプリプリ。

うちのマンションのエレベータは、管理人室とマイクで話せるのだが、モニターでママが上がったり下がったりするのを見てた浅井さんと理事長が、いちびったようだ。
私が小学生時代、エスカレータで駅員さんに怒られたのと一緒である。

で、今日も元気に、しお風さんに出発。私も、しお風さんが移ってきたわぁ…。

で、5時半に帰ってきました。
お客さんがいない時はママに付き合い、ギャラリーのドアがチャリンとなってら接客に行きの二重生活だが、ママは、私が上に行っても「ええよ、ええよ、ジェフと遊んどくわ」で、とってもいい子。

一人でちょこちょこ出て行ってるようだが、自分で帰って来ている。

暑いというので、6時にはパジャマに着替えてもらい、お菓子とアイスコーヒーを飲んで、なんとなく一人でくつろいでくれていたが、6時半に出て行きました。

閉店まで30分なので、安全圏である。
で、閉店の片付けが終わった7時過ぎに平野町交番から電話があり迎えに行く。
素晴らしいタイミングである。

さっ、帰ろかに、「ほんま、あんたとこのおっていいの? 迷惑とちゃうの?」と泣きそうな顔。
「もぉ3年いるし、ギャラリー終わったからご飯にするし、フカフカの布団で寝るだけやん」に、「おばあちゃん、よかったやん。安心して帰りなぁ」に、「はいっ」。
その幼稚園児のような顔に、お巡りさんと吹き出す。

e0200261_16534991.jpge0200261_1654737.jpg夕飯は、鶏肉をハーブダレに漬けたもののグリル焼き、冷や奴、アジの南蛮漬け。

なんかテレビを見ていたが、ママがしゃべりっぱなしで、「ちょっと、静かにしてくれへん。テレビの声が聞こえへんわ」と言うと、即すねた。

「私はしゃべるのが好きやねん。黙ってなんかいられへんの。家ではずっと一人で黙って、寂しい、寂しいって暮らしていたんやから、誰かがおったら、しゃべらずにはおられへんの。あんたのそういうとこが嫌いやねん。誰かといるのに、黙っている方が不自然やないの」

「確かにそうかもしれへんけど、テレビを一緒に見て、共通の話題をしゃべろうやぁ。さっきからママリン、自分のことばっかりしゃべっているよ。私にも面白い話をしてよ」

「そんな面白い話なんか出来ません。私は自分の話しかでませんの。あなたみたいに話題が豊富ではありませんので…。ほんなら寝ます。どうぞ、ごゆっくりテレビをご覧くださいっ」

で、7時半には寝はる。
が、布団の中でブツブツ言っている。

「ほんまテレビばっかり見て…、酒飲んでぇ…、なぁ〜んもせんのよからぁなぁ。だらしない女やわぁ。母さんが言うてたわ。亀ちゃんには注意しぃよって…。口ではおいで、おいで言うといて、じゃまそうに相手するんやから…。口と態度が違うんやからぁ。母さんの言うてた通りやわぁ。
あのぁ〜、すみませ〜ん。明日、私、どこに行ったらいいのでしょうかぁ〜。しお風さん。あそこは好きやわ。あんたの顔を見ないですむもん。明日、行きますので、何時に起きたらいいのでしょうかぁ〜。8時半ですね。はい、分かりました。それでは寝かせていただきます」。

で、その後もブツブツ言っていたが、いつのまにか寝息が、ス〜ス〜。
おやすみなさい。

本日の評価:001.gif018.gif044.gif044.gif021.gif013.gif044.gif014.gif
本日の家出:数回(平野町交番1回)
[PR]



by asayosan | 2011-08-22 11:32 | 今日のママリン

8月21日(日)若いあっこはイヤやから、歳相応のあっこの家に来るらしい。

e0200261_920054.jpg
8時45分頃に起こそうとしたら、ママリンとジェフ君が同じような寝相で爆睡。
私とクーはとっくに起きて、朝ご飯も食べてブラッシングも済ませているのに…。
猫も飼い主に似るようだ。

で、今日も元気に、そよ風さんに出発。

本日もそよ風さんは夏まつりなようで、4時半の早めのお帰り。
ゲームで当たったのか、ウサギのぬいぐるみを持って帰っている。
これで、ぬいぐるみが2つになったが、老人の喜ぶものは子供と一緒なのか。
しかし、ママは全く興味は示さない。
マンションのお子ちゃまに、プレゼントでもしよう。

アンパンのおやつを食べて、ギャラリーに遊びに来て、常連さんにご挨拶して、で、あまり作品には興味を示さずに、「下におるわ」。
なにか、ゴソゴソと自分の用事をこなしているようだ。

大雨なので、お客さんもパラパラで、ギャラリーは常連さんにまかせて、新規のお客さんが来る時にだけギャラリーに上がり、下でママのおつきあいをする。

「あ〜、やっぱりここがいいわ。もう1軒の家に、ここにいることを連絡せんでもいいかなぁ。いいの。あの子は、なんで私に来い、来いって言うんやろなぁ。散歩に行こうとすると止められるし、私を拘束しようとするねんよ。男に人とも別れたみたいやわ。たぶん、一人で寂しいから、私を呼んだんやなぁ。一人より二人の方が用心がいいから、そんな打算的なとこが、あの子にはあるねん。
あの子、まだ若いやろぉ。よぅしてくれるねんけど、それが重荷になるねん。なんか、可哀想になってくるねんよぉ。やっぱり若い子はあかんわ。あんたやったら認知症のこともよぅ分かっているから、うまいことしてくれるけど、あの子は、なんも認知症のことが分かってないわ。やっぱり若い子と暮らすのは、こっちも疲れるわ。母さんも、なんであんな若い子と暮らしてるの? どんな関係やの?って不思議がってたわ。あんたやったら姪やし、血も近いもんな。えっ、親子やの。なんや、ほんならもっと血が濃いいいやん。やっぱり、あっちより、あんたやな。な〜んや、親子か。それはええわ。親子やったら、みんな納得するもんな。そしたら、こっちに引っ越してくるわ。あっちの家に服とか布団とかあるんやけど、いいかなぁ。えっ、こっちにもあるの。あ〜、よかった。でも、あの子、私の通帳、持ってるねん。好きなだけ取ってるみたいやから、今までの恩は果たしたな。あんたもとってな。あっちと、こっちからお金を取られても足るかなぁ。大丈夫やの。まっ、今までの分はいいか。あんたがいいって言うなら、いいわ。ほんなら、こっちに置いてな。やっぱり歳が近い方が気が楽やわ。あんた、うまいこと言うて、あっちの人に断っといてな。頼むわ」。

ほぉ〜、もう一人のあっこちゃんは、若すぎるのかぁ。
私、若作りやもんなぁ。でも、この勘違い、ちょっと嬉しい。
たぶん、ママの家出やら徘徊にうんざりしていたのが若いあっこちゃん、まぉもぉ好きにしてちょうだいの懐が広く開き直ってるのが大人のあっこちゃんなんだろう。
ママの観察は、あながち間違っていない。

で、私はギャラリーに上がってたり、ヒマになったら下がったりして、雨が振っているので、ママも外出は控えているようだ。

e0200261_10521726.jpgまさし君のお土産のたこ焼きを5時半頃に食べてもらうが、これがすごく美味しいそうで、大喜びである。
事務所でDM制作のお仕事をしていたら、「酒井さぁ〜ん、お母さんが呼んでますよぉ」と、お客さんが声をかけてくれる。
で、下にいたら、「酒井さぁ〜ん、お客さんですよぉ」と、呼んでくれる。
とてもラクチンである。

時々、外出しているようだが、雨なのですぐに帰ってくる。

しばらくして、「たこ焼き、食べる?」と聞くと、「食べる」。
さっき、食べたことを忘れているので、また大喜びで食べるのが、ラッキーである。
結局、たこ焼きを3回に分けて食べたのだが、3回共、はじめて食べる感覚で、大喜びしている。
こういう時の認知症はお得だ。

下が静かになったので見てみると、お布団で服のまま寝ていたぞ。
ママがお昼寝するなんて、本当に珍しい。涼しい風に誘われたか…。

e0200261_1155713.jpg雨にも関わらず22名のお客様で、今日はご新規さんが多い。
だって、このインパクトあるDMである。
ヒップの巨匠、横山こうじ撮影の、スカッとカッコいい尻である。
皆さん、これに惹かれて来られたそうだ。さすが、お目が高い。

ママがギャラリーに上がってきても、「こんにちわ」「いらっしゃいませ」で、とても自然だ。
でも、今日はママがすぐ下に降りて行く。

てな感じでおだやかに時間は過ぎて7時に閉店。
岐阜から来ていた小田君が、「横山さんには会えなかったけど、酒井さんとクーとお母さんに会えてよかったです」と言って帰る。
そうか、うちのギャラリーは、もぉ私と猫とママが3点セットになっていたのかと、ママとの同居がそろそろ3年目となる夏の『18禁』であった。

で、たこ焼きを2人前食べたママ、お腹は一杯だそうで、さっさと寝間着に着替えて7時過ぎにはお布団で爆睡。
ママなりに気を使ってお疲れなんだろう。おやすみなさいである。

本日の評価:001.gif018.gif045.gif045.gif018.gif006.gif045.gif014.gif
[PR]



by asayosan | 2011-08-21 15:40 | 今日のママリン

認知症のママリンの日々の暮らし
by asayosan
プロフィールを見る
画像一覧

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧