ボケリン・ママリンの観察日記

<   2013年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧




11月3日(日)ぜんざいを食べてスコンと寝てくれてラッキーだわい。

今日も7時まで預かってくれる奈奈さんを頼んだので、気がラクなギャラリー2日目。

1時から武甕育子さんが撮影、東學さんも見学なプライベート撮影会も無事終わり、人間圧の高いお客様たちが次々とご来場。
で、来年も第二段のポスター展開催が決まり、3年後はアーティストたちのよるオムニバスポルノ映画を撮ることが、まぁ決定。
最近、私が映像傾向にあるので、なにか布石を感じるわで、デジャブーもいっぱいしたし…ビデオを買ってママ撮影をしてみようとも思う。
で、クリエイティブな構想で夜が更ける。

e0200261_15264156.jpgママは7時に帰って来て、ぜんざいのおやつ。

7時に帰ってくる奈奈さんの日は、徘徊率が低いので、たぶんママの1日の行動力のネジは、7時を過ぎるとユルユルになるようだ。
すぐに爆睡。

ギャラリーも定時の7時に閉店できてラッキー。
私も疲れたので、8時には寝る。

本日の評価:001.gif014.gif
[PR]



by asayosan | 2013-11-22 15:32 | 今日のママリン

11月2日(土)朝3時間歩いて疲れさせて、ギャラリーオープニング無事終了。

今朝も6時に起きて、もう帰るそうだ。
着替えてもらって一緒に歩く。

カメラを忘れたので、どのあたりをウロウロしたかは不明だが、メモによると6時→9時歩く、とある。
たぶんそのまま、奈奈さんに出発したのだろう。

で、今日からギャラリーがはじまるので、ちょっと歩いて疲れてもらって、夜はバタンキューで寝てもらおうという魂胆が見え見えである。

こうしてママの徘徊をコントロールするという知恵も付いたのだ。

で、本日は『18禁な女たち~東學 コラボレーション・ポスター展~』のオープニング。
『18禁な女たち~東學 コラボレーション・ポスター展~』の様子はこんな感じです。
e0200261_15122267.jpg

で、オープニングにも関わらず7時過ぎには閉店できて、ママが奈奈さんから返って来るという絶妙なタイミング。

奈奈さんでは夕食も食べて来るので、あとは寝るだけのラクチンママ。
しっかし、物騒なことを言い出した。

「なぁ、つぎおって死んだんやてなぁ。母さんによう言わんれへんわぁ。帰るの、やめとこ。かずえ姉さんも殺されたんや。殺した奴はどいつやっ。今にみておれよぉ。復讐してやるからなぁ。ここは死の国やっ」。

怒りのエネルギーがこっちに向かう前に、「明日もお迎え来るから、はよう寝なさい」で、寝かしつける。

ギャラリーオープニング無事に終了。

本日の評価:070.gif070.gif070.gif013.gif014.gif
[PR]



by asayosan | 2013-11-22 15:18 | 今日のママリン

11月1日(金)ママ、私を死なせて神様に生き返らせてくださいと大熱演。ハァ〜。

今朝は7時に起きて来て、迎えが来るので出かけるそうである。
朝の散歩は大歓迎なので、コンビニに寄ってコーヒーを買い、中之島公園に向かう。

「なぁ、なんで公園に行かなあかんのよ」
「お迎えまでに時間があるから、公園を散歩するんやないの」
「あんたはまた、私を連れ回す気やなっ。ワルになったもんや」
「それやったら帰ろか。あと2時間は寝られるよ」
「あんたとこなんか帰らへん。ここでお迎えを待ちます」。

e0200261_14232720.jpgって、ライオン橋の真ん中で動かないママリン。
ママは公園を散歩するのはあまり好きではないようで、中之島公園への階段を降りない。
まっいいかで、私は階段の欄干に座ってモーニングする。
バラ園を望み、バラの香りが漂う素晴らしい朝、ベルリン天使の詩な気分。

ママは「あんた、あっちに行って」と言ったくせに、私がどこかに行かないか監視しているぞ。
で、ママがやみくもに車に手を振り出したので、正しい待ち合わせ場所にボチボチと戻る。
それでも時間があったので、マンションの前に座ってそよ風さんのお迎えを待ち、ママ普通に出発。
e0200261_14261582.jpg


e0200261_14305223.jpg明日から『東學 コラボレーション・ポスター展~18禁な女たち~』がスタートで、東學氏と2時から展示作業。

あべのハルカスに近鉄アート館が13年ぶりの復活記者会見の衣装?のままギャラリー入り。
東學さんは、近鉄アート館の杮落しで片岡愛之助とアートパフォーマンスをするそうだ。

そんなアカデミックな晴れ舞台から、うちではロマンポルノ的なエロエロ・ポスター37枚を展示。

で、4時半頃にママが帰って来るが、展示も丁度終了。
明日のオープンも準備ほぼ完了となる。

e0200261_14425353.jpge0200261_14425321.jpgで、夕飯はつばすの刺身、ワカメとタマネギの酢の物、切り干し大根。

ママも機嫌よくお食事して6時に寝てくれる。

しかし、しばらくすると誰も寝てない私の布団に屈み込んで話しかけている。
聞き耳をたてていると、だんだん物語性がはっきりしてきたぞ。

「あっこ、あっちへ行ったらあかん。頼むから死なんといてっ。お目目を開けてぁ。あ〜、神様、お願いですからこの子を助けてください。こんないい子はいないんですぅ。私は死んでもかまいませんから、この子を助けてください。お願いしますぅぅぅ」。
と、おいおい泣きだしたぞ。

え〜、私ってそっちの布団で死にかけてるの…で、ママの泣きの芝居を傍聴。

「この子が死んだら私は生きていけないんですぅ。ウェ〜ン。悪いことは絶対にいたしません。神様、お願いですから助けてください。この地球で一番いい子なんです。もうこんないい子はこれから出てきません。私は死んだっていんです。この子を助けてあげてください。この子は智恵があるので世のために働くんです。みんなが助かるんです。この子がどんなけ賢いか、神様やったら分かるでしょう。なぁ、お目目さましてぇ、みんなで笑おう。国民と一緒に笑おう」。

って、私は国民的ヒーローかって、ママの泣きの芝居はどんどんエスカレートで約1時間の大熱演。

で、幕間にトイレに行き、ソファに座ったママ、私の目の前で、誰もいない窓に向かって芝居は続く。
白けてきたので、「なぁ、ママって、そこの窓に誰かいるのぉ?」と愚問。

「え〜、あんたには見えへんのぉ。おかしいなぁ。まっ、見えない人には見えないんでしょ」と、えらくまともな答えをほざいて、「ジェフ〜、寝よかぁ」で、寝てくれました。

で、夜10時から1時までY興業のMさんと打ち合わせして、週明けの仕事を受ける。
ママが爆睡してたので、こっそりGOZOに行って、3時まで飲んでしまったぜ。

しかし、昔はこんな生活やったよなぁで、バ〜と企画の話やらで盛り上がりそれが仕事になっていった。
仕事は飲み屋で創られるで、久々にクリエイティブな夜が更ける。

で、結論は、善から出発した仕事でないと長続きしない、お金は後から付いてくる、であった。

本日の評価:070.gif001.gif014.gif007.gif014.gif
本日の家出:朝1回
[PR]



by asayosan | 2013-11-22 14:52 | 今日のママリン

10月31日(木)私はママのボスだそうで、「はい」といいお返事。これが続いてほしいぞ。

朝起こすと「はいっ。あんたはこの家のボスやから、言うこときかななぁ。次は何したらいいのぉ、歯みがくのぉ。はいっ、ボスちゃ〜ん」と、おとぼけママリン。

「なぁ〜、あんたも一緒に行かへん。あんたも一緒に帰ろうなぁ。ばーちゃんがご馳走してくれるよぉ。あんたの顔見たら、みんな喜ぶわぁ。え〜、私一人で帰るのぉ。なんでよ〜、あかんのぉ」。
と、急にショボリンコとなる。

そよ風さんの車に乗っても「あんたも行こう。一緒に行ってぇなぁ」と涙ぐんでるぞ。
短い間に、感情のジェットコースターで走り出発。

4時半の早めに帰って来たので、洗濯物を畳む仕事を与えると、「はい」。
いいお返事で一生懸命丁寧に畳んでくれる。
こうしてお手伝いしてくれる時は、ママの機嫌がよい時で、ジェフ君もそんなばーちゃんが好き。
e0200261_1612312.jpg

e0200261_1621587.jpge0200261_1623516.jpg夕飯は、今が旬の北海道産サンマ1匹98円、小松菜とショウガの和え物、ジャガイモ入りオムレツ、柿乗せサラダ。

さんざん一人おしゃべりをして、あっそ〜と生返事して、ママ6時に寝てくれる。
超ラッキー。

しかし、布団の中で誰かとしゃべているのはいつものことなのだが、ここ最近、リアルな誰かがママには見えるようで、「あんた、そちらの方の布団もひいてさしあげなさいよ」と起きてきた。

私の後ろの椅子に、男の人が座っているそうだ。
私には見えないので、「はいはい、もう帰るそうやわぁ」と答えておく。

本日の評価:007.gif001.gif014.gif
[PR]



by asayosan | 2013-11-20 16:10 | 今日のママリン

10月30日(水)フグもアジも鮎も、水炊きにするそうなママリン。

朝は起こすまで寝ていてくれて、起こすとパッと起きてくれるのでとってもラクチン。
さらに家出も少なくなり、出て行ってもプチで終わるので、さすがのママも老いには勝てぬかと、ウッシシ~な私。

老化に伴う体力の低下と、ママの徘徊の距離ならびに質は比例するはず…、という仮説がやっと実を結び出した粘り勝ちだわい。

と、当時は徘徊勝利宣言までしていたのだが、11月20日の今になって思うことは、騙された!である。
まだまだ、どうして、さらなる徘徊のバリエーションと底力を見せつけてくれるのだ。
これは順次,今日のママリンを読んでください。

で、5時40分に帰って来たママ、今日も仕事が忙しかったので、そのままGOZOに行く。
ママはお腹がすいてないそうで、スペイン菓子の盛り合わせ、私はウズラのローストでワイン。
甘いものを食べてる時は大人しいので、こっちは勝手に店の人としゃべったり、テレビを観たりできるので、一人飲み感覚にもなれる。
e0200261_15271382.jpg
家に帰ると、私におごってもらったのが申訳ないようで、私に贈答してくれるそうだ。
「なぁ、あんた、魚で一番好きなのは何やのぉ」
「アジとサバ」
「なんやぁ。アジかぁ。フグはどうやのん」
「フグも好きやけど、一番好きなのは、玄界灘のアジ、サバ」
「あんたに門司のフグを食べさせたいから、母さんとこでごちそうしてくれるそうやわぁ」
「門司までは行かれへんよ。猫がいるから旅行はできへん」
「そしたら送ってもらおかぁ。あんたとこ七輪はあるのぉ。塩焼きしよか」
「七輪はあるけど、フグは鍋でしょう」
「あんた、鍋が好きやのん。そしたら鮎の水炊きしよかぁ」
「鮎で水炊きはせんでしょ。鮎は塩焼き」
「アジの水炊きでもいいよぉ」
「アジは刺身でしょう」
「アジか鮎かは母さんに聞いてみるわぁ」
「はいはい、そうしてください」。

で、寝てくれました。

本日は平和に夜が更ける。

本日の評価:001.gif068.gif001.gif014.gif
[PR]



by asayosan | 2013-11-20 15:40 | 今日のママリン

10月29日(火)ママリン、北浜のビズネス街でノグソをする、で、ごめんなさ〜い。

今日はケアマネージャの中村さんの訪問日。
私はこれからどうしたらいいのか、相談している。

「もうお歳なんですから、そよ風さんで遊んで、美味しいもの食べて、のんびり暮らしてくださいね」のアドバイスに「そうでうかぁ」と素直である。

e0200261_1585738.jpge0200261_1591467.jpg夕飯は焼きシャケのタルタルソース、昨日の残りのパスタ、残りもののひじき。

「あ〜、いったいどうしたらいいんやろぉ。老後のことも考えな、なぁ」
「もう充分に老後に入ってるやん」
「いや、あっこにお金全部盗られてなぁ、一銭も持ってないねん」
「ママのお金なら私が持ってるぅ。通帳も印鑑も預かってるぅ」
「え〜、あんたが預かってくれたら安心やわぁ。なんぼでも使こてなぁ。ほんとのこと言うと、あっちに帰りたくなねん。あんたと一緒に暮らしたいわぁ。料理上手いし、きれい好きやから心配あれへん。毎日行くとこもここから近いから丁度いいわ。これからはこっちに帰るって言うわぁ。あんたは何でもできるから心配ないわぁ。あ〜、よかった。なんや嬉しくて寝られへんわぁ」。

で、「嬉しくて寝られへん、あ〜、寝られへん」と嬉し泣きしながら6時10分に寝てくれました。

それなのに、それなのに、一眠りしたら悪麗に取り憑かれておった。

「なんであんたは私を帰さへんのっ。あんたもワルになったもんや。あ〜、こんなとこで寝られるわけないやろっ。殺されるだけやっ」。
で、9時に出ていきました。後から尾行。

GOZO の前で奥ちゃんに「あの〜、家がわからなくなったんですけどぉ〜」と道を聞いている。
「すぐそこですやん。ほら、後に娘さんがいるじゃないですかぁ」
「いやっ、つけてたんかっ。この家から逃げてきたんですっ。あかん、グルやっ」。

e0200261_15135720.jpgで、近所をグルグル回るのを隠れて尾行。
しかし、突然振り向いて、じ〜とこっちを睨みつけるので油断できない。
そろそろいいかなと、電信柱からそ〜っと首を出すと、まだこっちを睨みつけている。
ひつこい。
もう、笑うしかない、悪魔の達磨さんが転んだ徘徊。

で、1時間後ぐらいに声をかけたら「あ〜、丁度よかった。おしっこしたいねん」。
おいおい、私はおしっこに丁度いい奴か…。

家の近くだったので連れて帰る途中、「もうアカン、その辺でするぅぅ」と道ばたにしゃがむではいか。

なんぼなんでも道ばたでは変態猥褻罪になる。
ブロック塀に隠れた駐車場の下水口の上にご案内したら、シャ〜とやった後でプリプリとウンコまで出しはったぞ。
おいおいおい、おしっこやなくてウンコがしたかったんやろぉ…。

でも、家まで我慢させてたら途中で大のお漏らし…くわばらくわばらのセーフであった。
下水口の上のアレ、恵みの雨が流してくれるはず、たぶん…。

GOZO の前を通ると、再び奥ちゃんに会い、「あれ〜、今日は早いじゃないですかぁ」。
深夜3時まで営業してるGOZO、ママの徘徊パターンを知りたくもないけど見抜いてる。

ママは家に付くと再びトイレに駆け込み「あ〜、気持ちいぃぃぃ」。

最後のものを出し尽くして、10時過ぎに安眠されましたとさ。

犬の散歩が多い北浜だけどウンコひとつ落ちてないマナーの良い街に、人フンって…。
ママ、鬼畜に落ちたか…。

本日の評価:043.gif007.gif014.gif070.gif070.gif035.gif014.gif
本日の家出:1回
[PR]



by asayosan | 2013-11-19 15:21 | 今日のママリン

10月28日(月)「あんたは私の子やのんっ。それはほんまのほんまのほんまの、絶対やのん」と喜ぶママリン。

e0200261_14364048.jpge0200261_14365853.jpg元気に出発して、ご機嫌で帰宅。
夕飯はパパッと作れるシャケとししとうとしめじの牛乳パスタ、柿とタマネギのマリネ。

「あんた料理上手くなったなぁ。パパッと作るのが上手いわぁ。この家なら誰が来ても恥ずかしいないわぁ。父さんも呼んであげて自慢しぃ。ばーちゃんもこんなとこ来たら喜ぶわぁ」。

最近のママのボケ傾向は、自分が門司の母さんとこに帰る、のではなく、母さんらをここに呼んでみんなで暮らすというプランに夢中。
「はいはい、いつでも呼んでくれていいよ」と答えておく。

「なぁ、あんたのお母さんは誰やのん? えっ、あんたは私の子やのんっ。それはほんまのほんまのほんまの、絶対やのん。よかったぁ〜。母やったら母らしくしたいけど、今はなんもできへんわぁ。あ〜、あんたに会えてよかったわぁ。なぁ、一緒に門司に行かへん? ばーちゃんにごちそうしてもらうわぁ」。

ここで、自分ができない私への接待は、亡き母にしてもらおうという魂胆。
なんやかんやで依存度が高くなった甘えたッ子になってきた。
まっ、「なんでも自分でできますっ」の自立心旺盛なママよりラクである。

で、洗いものをしてくれる。

e0200261_14482926.jpge0200261_14545460.jpg「なぁ〜、アメチャンってあったっけ」
「そこの丸い箱に入ってるわ」
「ちょっともろていいかなぁ。ズルしたらあかんから、あんたの目の前でもらうわなぁ」
「全部、ママのもんやから、どうぞ」
「あっ、あった。この可愛い奴、ひとつもろとこ」。
と言いながら、アメちゃんをポケットにいっぱい入れているぞ。

で、お布団の中でペチャペチャとアメチャンを味わって寝はる。

本日の評価:001.gif043.gif014.gif
[PR]



by asayosan | 2013-11-19 14:53 | 今日のママリン

10月27日(日)デーでの良過ぎる待遇に、外食に、ジェフの接待と幸せなばーちゃんやと思うけどなぁ。

お出かけ準備も完了して、ソファーに座ってボ〜となにか考えてるママリン。
「なぁ〜、これからどうしたらいいのぉ」
「そよ風さんが迎えに来るやん」
「そよ風さんって…、何しに行くのぉ」
「おしゃべりして、おやつ食べて、お風呂入って、ご飯も食べさせてくれるとこやん」
「そんなん、良過ぎるわぁ。お金がかかるんと違うのぉ」
「それがタダやのぉ。税金でまかなってくれてるから行かなソンやのぉ」
「あ〜あ〜ぁ、そやからあんたは行かせてくれるんやな。はいはい、分かりました。タダなら行きましょ」。

で、偉そうに出発。

e0200261_14133316.jpgこの日はギャラリー周りをしてお腹がペコペコだったのでGOZOに行く。
ママもいつのまにか、外食第好きになった。

エビもオイル鍋をバケットに漬けて食べるのをママは気に入る。
ママはこんな洋食系とパンが好きだ。

私の大好きなタマネギや薬味野菜にポン酢とオリープオイルをかけた特製冷や奴には手も付けないので、ママに出すのはもうやめた。
86歳なんだから、健康のために食べる、ではなく、美味しいから食べる、楽しみの食でいいのである。

しかし、ご飯よりもアメチャンがいいというのは、幼稚園児並のお口である。

家に帰って、ジェフ君の熱烈歓迎を受けて、6時半に寝はる。

本日の評価:023.gif068.gif014.gif
e0200261_14244196.jpg

[PR]



by asayosan | 2013-11-19 14:29 | 今日のママリン

10月26日(土)ソファーで寝過ごしたママ、帰りはドアに手をはさみ飛んだ大騒動に…。

今日は11月19日で、1ヶ月近くも更新をなまけてしまった。
メモ書きと写真と心細い記憶でバ〜っと現在までぶっ飛ばしますわ。

ギャラリーの準備でバタバタしてしまい、私が忙しいとママの存在がキュ〜と小さくなってしまう。
大は小をかねる、と言うが、物事の優先順位は、大義が済んで小事へと流れていくようで、ママよ、すまん。

それでは、ママの過去におつきあいください。

夜中に部屋中をウロウロしている気配。
でも出て行く気配はないので、ほっておく。
ママリンは、亡くなっている母さん父さん、姉さん兄さんを部屋に呼び込んで私の知らない世界を作り上げてしまったが、こうして長い間部屋をウロウロしてるママ自身も、もう魔界に足を突っ込んでるような夢遊病者。
健常者にはついていけない。どうぞご自由に、で私は寝る。

e0200261_142560.jpge0200261_1421525.jpgで、5時過ぎに起きると、ママはソファーで寝ていたぞ。
布団で寝たらとすすめたが、こっちの方がラクなんだそうだ。
で、9時前までこの体勢で寝てはった。

お着替えをじゃまくさがって、「このままでいいっ」と言い張るのを、赤とオレンジはあまりにもアレである。
「86歳のばーちゃんが着る色とちゃう。パッパラパーな子みたいや」
「どうせ、パッパラパーやないの。これでかまへん」
「違うっ、朝からママを見たサラリーマンが、やる気なくすぅ。人に迷惑かけたらあかん」。

で、渋々着替えて奈奈さんに出発。

この真っ赤っかコーディネートは、夜はタクシーの運ちゃんをビビらすのにはいいが、朝のおでかけファッションには気色が悪い。

そろそろママが戻って来るはずの7時に奈奈さんから電話があり、ママがケガをしたそう。
ガソリンスタンドの寄ったら、ママが「開けて」と言うのでスタンドの人がドアを開け、それに奈奈さんが「開けたらだめっ」となって、開けられて閉められたドアに手を挟んだそう。

警察や救急車も呼ばれて結構な大騒ぎになったようだが、ママは救急車に乗ることを断固拒否、結局8時頃に帰ってきたが、スタンドの人もわざわざこっちに来て謝ってくれた。

で、ママは別になんともないそうで、どっちの手が痛いのかも分かっていないぞ。

「今日は四国まで行ってきてん。帰らせてくれたけどな…。でもなぁ、女の子に4万円盗られてん。カバンを持ってあげるって、親切ごかしに来たんやけど、そのまま持っていかれてん。そやから、あんた、お金貸してなぁ。明日、帰るから…」。

で、バタンキューで寝てしまいましたとさ。

指もブラブラしても大丈夫なので、たいしたことはなかったようだ。

本日の評価:015.gif015.gif015.gif014.gif
[PR]



by asayosan | 2013-11-19 14:09 | 今日のママリン

認知症のママリンの日々の暮らし
by asayosan
プロフィールを見る
画像一覧

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧