ボケリン・ママリンの観察日記

6月6日(月)つぎおちゃんの悪口を言ってる時はご機嫌のママリン。

今日は『うめぐみ写真展5』の初日である。
今回はレンタルで、うめぐみ関係者が多数在廊しているので、8時の閉店までギャラリーはおまかせして、5時半にママが帰って来てからは、ママにつき合う。

が、帰ってきてすぐに、「ちょっと散歩な」と出て行ってしまうが、ギャラリーからご帰還。
男の人に、「あこちゃんの部屋はどこですか?」と聞いたら、「死んだ」と言われたそうで、すんごい心配顔で帰ってくる。
みんなが、「そんなこと言う人なんかいないよぉ。お母さんが聞き間違えたんですよぉ」と言ってもオロオロで、可愛い猫ちゃんの写真もさくっと見て、「あんたとこに帰る」で、下の階に降りる。
仕事場と住まいが近いと、超便利だ。

e0200261_10341677.jpge0200261_10343189.jpg今日のメニューはカツオのタタキ、もやしの和え物、残りもんのきんぴらを細かく切った混ぜご飯、朝食の残りのニラ入り卵焼き。
ギャラリーに調理の匂いが漂わないよう、レンジでチンの火を使わないメニューである。

焼酎の水割りでチビチビやっていたら、卵焼きを全部ママに食べられる。
最後にご飯のおかずにしようと思っていたのに、ちょっとムッとなるが、全部きれいに食べてくれてたので、まっ、いいか。

また出て行こうとするので、「私が食べてる間は、つきあってよ。なんか楽しい話題はないの? 今日のそよ風さんは、どうやったん?」と話をふる。

「楽しかったよ。あそこは、ご飯、食べさせてくれるし、まっ、生きてるだけで、幸せやねんけどな」
「今日の夕飯も美味しかったやろ」
「おいしかったよ。いいもん食べさせてもらってるけどな…。
けど、今日、班長さんが、酒井さんはもぉ頭の方は大丈夫やから、退院してもいいて言われてん。ここを出て一緒に住んでくれる人はいるんか?って訊ねられたんやけど、いません、って…。
ここにもっとおらせて下さいと頼んだら、そんなこと言うの、あんたがはじめてやって…。みんな喜んで出て行くらしいわ。
私はここにおって、皆さんのお世話をしたいって言ったら、それはそれは助かるわ。ずっといて下さいって、言われてん」
「それは、よかったね」。
で、ここから、話がゴロリと変わる。

「つぎおちゃんは、もっとええもん食べてるねんで。ゆきさんが私らに隠して、つぎおちゃんに美味しいもん、食べさせててん。
ゆきさんは、万吉さんの前では私を可愛がるふりをしてたけど、影でつぎおちゃんを一番可愛がっていたからな。
影でお金ももらっていたんやで。つぎおちゃんは見栄はりやから、人の前ではゆきさんに知らん顔するんやでぇ…。きよすけのおじさんも小浜のおばさんも、つぎおちゃんには苦労してたわ。
ええとこのお嬢さんを、お嫁さんにもらったんやけどな…」
「ゆきさんは、結婚式に呼ばれたん?」
「呼ばれるわけないやん。うちの身内は誰も呼ばれへんかったんやで。
やっぱり、もらい子というのは、二面性があるんや。こっちにいい顔、あっちにいい顔ってするのが上手いんや。それはしかたないことかもしれんけど、私は、それを見てるのがイヤやったわ。
ゆきさんも、自分の子供やから、可愛かったんでしょ。さっ、そろそろ寝よかな」。

e0200261_11113888.jpgで、今日は食後の魔の時間をやりすごし、パジャマに着替えてジェフと遊びだしたママ。
「さっ、ジェフ君、もぉ寝るで。あんたも、早く寝なさいよ」で、7時半にお布団に入る。

ギャラリーでは、まだお客さんたちのおしゃべりの声が聞こえるが、ママは就寝。
しばらくは上と下との二重生活になりそうだ。

本日の評価:025.gif001.gif018.gif018.gif018.gif019.gif
本日の家出:1回(自力帰還)
[PR]



by asayosan | 2011-06-07 11:15 | 今日のママリン

認知症のママリンの日々の暮らし
by asayosan
プロフィールを見る
画像一覧

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧