ボケリン・ママリンの観察日記

6月11日(土)朝から怒、喜怒哀楽のオンパレードな1日でしたわぁ。

今朝も起きたら即、頭からツノを出していて、そのまま外に出て行ってしまう。
大雨が振っていたので、たぶん管理人室でゴネているだろうと、しばらくして迎えに行くと、浅井さん相手に火を噴いている鬼のアサヨ。

いつもは、浅井さんに諭されるとすぐ聞き分けにいい子になるのだが、目を吊り上げて反抗している。
「さっ、家に戻って、着替えと朝ご飯にしよっ」と言っても、
「食事はけっこうと申し上げていますでしょ。あなたもひつこいですね」と、怖い顔。

とりあえず連れて帰ってお着替えをしてもらうが、またプイと出て行ってしまう。

そよ風さんのお迎えの電話があり降りてみると、もぉニコニコになっていたが、理事長が、「今日は強烈やったなぁ。何言うてもあかんかったんやけどなぁ、和歌山のおばちゃんが来て、機嫌が直ったんや。助かったわ」で、どうも浅井さん、理事長、和歌山のおばちゃんの3人がかりで、ご機嫌を回復させてくれたようだ。

「あれっ、さっきまでのツノは、どこいったん?」と聞くと、
「あれ、ツノなんか出してたっけなぁ。ほらほら、ツノなんか生えてるないよぉ」と、オツムをテンテンする。

みんなにお見送りされて、デーに出発。
こんなみんなにかまってもらえる認知症ばあちゃん、幸せもんであるが、本人に自覚なしなのが、認知症の成せる技である。

で、ご機嫌で帰ってきました。
「あんた、なんの得にもならんのに、よぉ私みたいなもんをおいてくれるなぁ」
「年金があるやん。タダでは泊めてないよ」
「あっ、そう。適当に取ってくれてるんやな。どんどん、使ってな。どうせ私、使うことないんやから…」と、朝とうって変わってまともである。

それから、「ちょっと、ギャラリー見てきていぃ」で、上に上がっていったママリン、お客さんのお土産のお菓子がテーブルいっぱいにあるし、「お母さん、いらっしゃ〜い」とみんなに遊んでもらい、猫の耳のカチューシャを付けてもらい、ご満悦である。
「ママ、こりゃ、遺影にちょうどいいわ」で、写真を撮る。

e0200261_20124692.jpg
ママがギャラリーに上がってくるとジェフ君もギャラリーに滞在するので、ジェフの写真大会となり、そんなジェフの人気ぶりを見て、さらにママご満悦。
お菓子もたくさん頂いたので、当分ママのお菓子代が浮いてラッキーだ。

「みんさん、あっこのために、こんなに集まってくてれて、ほんとうにありがとうございますですぅ」と、トンチンカンなことを言いつつも、猫好きさんという共通項もあり、楽しく笑って、涙ぐんだいもして、喜怒愛楽の感情のエクササイズである。

6時過ぎに、夕飯に出かけるが、とく兵衛がお休みで、街角でビールを頼めば最初の料理が半額という勧誘にノッてしまい、白木屋にはじめて行ってみる。

e0200261_20184640.jpgお通しに、枝豆が出てきたのだが、昨日、なおちゃんのお父さんが、「この枝豆、ちっとも豆が入ってへんなぁ」と言ったそうで、想像通り豆を食べた後の房をつまんでいたという話でお腹がよじれたが、ママも、「この枝豆、ちっとも豆が入ってへんよぉ」で、もぉオチが分かる。
あまりに同じシュチエーションに、一人、吹き出す。

料理はじぇんじぇんたいしたことなかったが、ママは美味しいそうなので、まぁ、いいかっの割には4200円も取られて私は大いに不満。

帰ってすぐ寝てくれたママ、8時になりギャラリーを閉めて1日が終わる。

本日の評価:022.gif031.gif018.gif018.gif017.gif017.gif014.gif
[PR]



by asayosan | 2011-06-11 14:54 | 今日のママリン

認知症のママリンの日々の暮らし
by asayosan
プロフィールを見る
画像一覧

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧