ボケリン・ママリンの観察日記

6月29日(水)猛暑にも負けず、散歩に行ってしまうママ。

私の短パンにTシャツの格好を見て、自分も半袖が着たいというママ、マネしぃか…。
「向こうはクーラーが効いているから、長袖にしとき」と説得。
今朝も管理人室で、モーニングおしゃべりしてから出発。

で、今日はずっとほったらかしていたベランダの掃除。
というか、エアコンの台を風通しのいいものに換え、植木鉢が密集してジメジメ虫がうごめく箇所に台をかまして風通しをよくする。
猫たちがジメジメしたとこで寝るので、風がどこでも通るようにするのが第一の目的。

麦わら帽子をかぶり、首にはタオルを巻き、CCレモンで水分補給しながら、汗みどろで10時から3時まで作業して、シャワーを浴びてさっぱりしたところで、暑い、暑すぎることに気づく。
テレビは今年最高の異常な熱帯日であることを知らせてくれて、そうか、今日は特別暑いのかということで今夏はじめてのクーラーを付ける。
が、全然、冷えてこない。強烈な西日が、テレビ画面を真っ白にする。

e0200261_12351080.jpgママが帰ってきて、クーラーが当たる涼しいところでおやつ。
「あんなぁ、学校、もうやめようと思ってるねん。同じことばっかりで、全然私のためにならんわ。女の先生は幼稚なことばっかり教えるねん。男の先生はまだちょっと化学的やねんけどな」
「やめたかったら、やめていいよ」
と、答えたが、明日になったら「あっ、うれしいぃ」と嬉々として行くはずである。

西日直撃の一番暑い5時前に、散歩に行くというママに、
「今日は暑いから、猛暑やから、出て行くのやめときぃ。死ぬでぇ。熱中症になるでぇ。倒れるでぇ」と脅したが、「すぐ帰るから」と出て行ってしまう。
帽子をかぶして、凍らしたペットボトルを持たせたのが、暑さに負けて帰ってくることを願う。

で、帰ってきました。りえちゃんと一緒に…。

お土産の大好物のアンパンを食べてご機嫌だったのは、ほんの少しで、また出て行ってしまう。
誰かお客さんがいる時は、おでかけしないでしゃべりまくっているママなのだが、優しくりえちゃんが引き止めてくれても、出て行く。

どうしても、なにがなんでも、外を歩きたい、という願望に、ママまっしぐらになってしまう昨今、やっぱり認知症が進んでいるのかもしれない。

それより、ママの頭の中では“暑いから、涼しい家にいる”という感覚がないのだろうか。
りえちゃんも私も、首にタオルを巻いてるほど汗まみれなのに、涼しい顔してるママは、温度感覚がマヒしているか、それに勝るほど、散歩したいのか。
e0200261_12455228.jpg


すぐ帰ってくると思っていたのに、40分後ぐらいに平野町交番から電話。
りえちゃんと一緒に迎えに行き、交番で別れる。
尼崎の人がママを連れて来てきれたそうで、ママは「なんで、あんたが探してくれへんのよ。薄情な子やなぁ。あんたには情がないのっ」と怒っている。

ほんと最近、毎日出かけるし、その時間もだんだん長くなってきたし、自分で帰れないでお巡りさんのお世話になることが激増した。
なんとか、家に留まってもらえるアミューズメントを考えなければならない。
これからますます暑くなるというのに、せめて日が暮れてからにして欲しいものだ。

e0200261_12562228.jpg
寝間着に着替えて、「暑い、暑い」とウチワをパタパタしてるママ。
今頃、気がついたのか。遅い。遅すぎる。
クーとジェフなんか、一番涼しいところで、ちゃんと涼をとっているではないか。

やっと陽が沈んで、涼しい風が吹き込んで来て、ママはまだほんのり明るいうちに寝はる。
で、冷やこい自然の風が入ってきたので、エアコンを切る。
うちは暗くさえなってしまえば、涼しくなってくれるのがラッキーである。

本日の評価:001.gif018.gif044.gif022.gif
本日の家出:2回(りえちゃん、平野町交番)
[PR]



by asayosan | 2011-06-30 13:03 | 今日のママリン

認知症のママリンの日々の暮らし
by asayosan
プロフィールを見る
画像一覧

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧