ボケリン・ママリンの観察日記

7月7日(木)ママにひかれて初もん鰻。

昨日は香里園でお泊まりして、おいしい料理で深夜2時まで飲み、11時まぜ朝寝して、まりちゃんが用意してくれたあずき粥を食べ、なす、きゅうり、トマト、桃、水ナス、豆をもらってリックに詰め、ホネちゃんの駅まで送ってもらい昼過ぎに帰る。
ママのお泊まりの度に、香里園にお泊まりする私。ここは、実家かぁ…。

で、2時30分に帰ってきたママ、ちょっと混乱気味。
「ここはどこやのん。なんでここに連れて来られたん。あっこちゃんの家に、なんでおらなあかんの」で、「おやつにしよか」に「いらない!」。

で、小雨のふる中、出て行きました。
30分経って、平野町交番に寄ってみたら、今日は来てないそう。
近所を流して、辻辻の通りを双眼鏡で見渡すが、ママの確認ができない。こりゃタクシー乗られたか…。
しかたないので、家に戻り夏野菜カレーを作りはじめる。

4時前に、天満警察から電話。北北西に進路をとっていたとは、想定外だ。
久々に天満警察でのママ確保なのだが、自分から「迷子になりました」と入ってきたそうだ。
まるで、ちっちゃい子供の迷子ちゃんに接するように優しいお巡りさんたちだが、ここは九州と言張るママの必死のボケぶりには笑うしかない。

私の顔を見て、ここが大阪であることに気づき、だんだん冷静のなってきたママ、
「前にもお世話になりましたよね。またお世話になるかと思いますが、よろしくお願いします」と丁寧にお辞儀するママに、「おばあちゃん、覚えてるやん。偉いやん」。

天満警察を出たところで、斜め前にあるうなぎの志ず可が目に入り、
「ママ、鰻、食べよか。ママのおごりで…」
「私、お金ないよ」
「大丈夫、私が持ってる。立て替えといてあげるわ」。

肝焼きでビールを飲みながら、うな重のできるのを待っていたら、
「なぁ、ここはどこ? 明日どこに行くの? 今日はどこに泊まるの?」の、あまりにも初歩的な質問をしてくれるので、
「今から、鰻を食べるんやで。鰻さんのことだけ考えとき。私の頭の中は、100%鰻やわ。せっかく、こんな雰囲気もいい店に入ったんやから、外の景色やなんかをちゃんと楽しみなさい。その、しょうもない質問は、店を出てから答えてあげる」と、外食の楽しみ方を教える。

が、次は、「遅いなぁ。まだ出来へんのかなぁ。遅すぎへん?」と鰻待ちの質問を何回するので、「鰻は時間がかかるの。ゆっくり待って、ゆっくり食べて、のんびり過ごすのがいいの。あせりなさんな」。

「なっ、あっこちゃん。あと一つだけ質問していい? ここはどこやのん」
「大阪やん。中之島の公会堂が見えてるやん。もぅ、ここはどこなのか考えるのはやめとき。私が大阪って言えば大阪、北浜って言えば北浜やのん。ママが、なんぼ違うって言っても、地図は変えられないの。土地は勝手に移動しないの。わかった?」
「うん。わかった。私、頭がだんだん、ひどくなってきたんかなぁ」
「別に、ここがどこかわからんでも、いいやん。まっ、基本、大阪って覚えとき」
「ふ〜ん。あんたに聞いたらいいんやね」
「そう。自分で悩んだり、考えたりするのは、やめとき」。

まっ、ママにひかれて初もん鰻、ができて、ラッキーか。
e0200261_21441059.jpg


帰ってきて、寝間着に着替えて、明日の準備をしているママ。
詩吟の本とかデーサービスで制作した塗り絵とかわけわからん紙類とか、私物の中から何を持っていこうか思案しているのでほっておく。
が、濡れたズボンと靴下を、雨がふっているのに外に干そうとするので、それは止める。
e0200261_21572214.jpg

本当は、今日は天神橋商店街に行って、猫のエサを買う予定だった。パスとなったので、空っぽの皿に、猫たちが猛烈な抗議をするので、「ちょっと猫のエサ、買いに行ってくるわ」と、ママに言うと、
「うどんでも食べさせといたらいいやん」。
すごいことを言う。

で、なんやかんやで6時30分には布団に入ってしまったママ。
鰻様の外食というメインイベントがあったので、いい1日であったということに…。

本日の評価:046.gif007.gif001.gif005.gif045.gif
本日の家出:1回(天満警察)
[PR]



by asayosan | 2011-07-07 22:00 | 今日のママリン

認知症のママリンの日々の暮らし
by asayosan
プロフィールを見る
画像一覧

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧