ボケリン・ママリンの観察日記

10月15日(月)夜、ずっと童謡『ひなまつり』を唄い続ける、お子ちゃま化が進むママリン。

e0200261_10493416.jpg今朝も早起きのママ。
でも、ご機嫌なお目覚めだったので、ポットにコーヒー、ママにはアンパン、私はサンドイッチを持って、中之島公園でモーニングをすることにする。

途中で隣の奥さんに会い、挨拶して別れるが土佐堀通りの信号待ちでまた会い、「どうも、目的は一緒のようですねぇ」で、一緒に中之島公園を散歩。

話題は、うちのマンションのワンブロック向こうに建つ20階建てのマンションで、どのように日照が変化するか…。案外、夏の西日が遮られ、東からの太陽が反射して午前中も明るくなるかもと、今より良くなるという楽観的な観測を話す。

で、剣先公園で別れて、私らは朝食。
ここに来ると、ママはとってもご機嫌になるので、緑と川面に力に乾杯。

帰り道、私が振り向くとニコニコして兵隊さんのマネをして歩くママは可愛い。
もう、子供のようなもんである。
そう、子供と思えばいいのである。子育てしたことないけど…。

で、スタッフに最敬礼して、元気にそよ風さんに出発。

e0200261_1115012.jpge0200261_112755.jpg5時過ぎに返って来て、すぐに夕食。
厚揚げ、さやえんどう、しめじ、人参、サツマイモを薄味で煮たものにキノコのあんかけ、作り置きの里芋はとってもうまくできて料亭の味である。それと、これが最後の粕汁。
精進料理のようであるが、いろんなものが少しづづ食べられて、ママはすごく楽しいそうである。

「あ〜、やっぱりあんたとこがいいわぁ。あんたは私を自由に遊ばせてくれるもん。あっこやかめちゃんはあかん。私がいたらカッコ悪いって言うて、遊びに行っても、誰にも見られへんかったかって聞くんやでぇ。私のことを見せたくなかったら、呼ばんかったらいいのになぁ。お金だけが欲しいんやっ。お金が目的やねん」。

「あ〜、久々に人間らしいもんを食べさせてもらったわぁ。ごちそうさま。うちの母さんはどうしてるのぉ。えっ、死んだん。それはよかったわぁ。誰にも気、使わんでもいいわぁ。あ〜、よかった。えっ、洗いもんするのぉ。はいはい、それぐらいはやらせてもらいますわ」。

で、時間をかけて丁寧に洗いもんをしてくれて、7時に寝てくれる。
今日も、ちょろいやん。

しかし、お布団の中で、また妖怪電話をかけている。
「かめちゃんは会いにも来んしぃ、ゆきさんはつぎおにべったりやねん。そやけど、あまりちゃんとしてもらってないようやわぁ。そやから、ゆきさんにつき合って一緒に死のうかって言ってるんやけどなぁ。いやいや、もう生きててもしゃないわぁ。うんうん、自分で考えてみるわぁ」。

「あっこは偉いでぇ。なんでも自分一人でやってるわぁ。歳とったら、みんな、あっこが面倒みてくれるわぁ。あかんのはかめやっ。母さんに10万貸して、15万貸してって、お金だけ取っていくねん。ふんふん。私は何もいらんわぁ。私は、こうやって寝てたらいいねん。父さんは、何か欲しいもんあるのぉ。ないのぉ、ふ〜ん」。

それからは、ずっと、童謡『ひなまつり』を唄い続ける。
♩あかりをつけましょ ぼんぼりに お花をあげましょ 桃の花 五人ばやしの 笛太鼓 今日はたのしい ひな祭り ♩
「可愛いねぇ。綺麗ですねぇ。さぁ、甘酒、飲みましょうねぇ。可愛いですねぇ」。

1曲唄うたびに、上記のセリフを必ず言うのが面白い。

♩お内裏様と おひな様 二人ならんで すまし顔 お嫁にいらした 姉様に よく似た官女の 白い顔♩
「可愛いねぇ。綺麗ですねぇ。さぁ、甘酒、飲みましょうねぇ。可愛いですねぇ」。

お布団に中で、寝ぼけているとは思えないほどの、大きな声でお歌を唄い続けるママ。
やっぱり、どんどん子供に返っていってるようだ。
子供と思えば、私もとってもやり易いぞ。

で、かれこれ1時間は唄い続けているが、いつのまにか寝たようだ。

が、急に、「もしもし、そこの人。もう寝はったらどうですかぁ。どうぞ、ここの来て寝てください。ちょっと詰めたら、3人ぐらいは充分に寝れますからぁ」。

「はいはい、後で寝かせてもらいます」と返事して、パソコンで麻雀ゲームをする。

本日の評価:071.gif018.gif060.gif060.gif014.gif
[PR]



by asayosan | 2012-10-16 11:41 | 今日のママリン

認知症のママリンの日々の暮らし
by asayosan
プロフィールを見る
画像一覧

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧