ボケリン・ママリンの観察日記

4月29日(月)朝1時間、夕方から2時間半、ダブルヘッターで歩くパジャマのままのママ。

昨日、あんなけ歩いたので今朝はお疲れモードと油断してたら、7時20分に起きてきて、「お世話になりました。帰ります」。
「はいはい、気をつけてね」で送り出し、パジャマに皮カバン、黒靴のスタイルでママが出て行った。

エレベータは動かないので、どうせマンション内迷子かなと、BSの『あまちゃん』を見てから探しに行く。が、いない。
表に出て、休日の見渡しのいい平野町通り、ママ、いない。
自転車で探しに行くと、喫茶北浜のママが堺筋の方に、プリプリ歩いて行ったという情報ゲッチュ。

堺筋の南側を中央大通りまで探したがいないので、北上して土佐堀から淀屋橋を流して、また東警察方面に向かい、さらに南下した南船場あたりで、ママ発見。

「あっ、あっこちゃん、よう見つけてくれたなぁ。こんなとこで会うなんて、探してくれてたんかぁ。ありがと」で、トボトボ帰り、コンビニでパンとコーヒーを買い、マンション前でモーニングにする。

で、そよ風さんが8時40分に迎えに来て、パジャマのままで普通に出発。
e0200261_1043102.jpg


e0200261_11323366.jpgで、5時に帰って来たママ、いきなり9階まで階段登りはしんどかろうと、コンビニでアイスを買って、近所の東横堀公園でワンクッション置いたのがアダとなる。
機嫌よくアイスを食べると「さっ、帰ろかな。ありがとうやったね」と、スタスタ歩き出したぞ。
「ママって、道、分かってないやろう」に、「大丈夫、大きな道に行ったら分かる」らしい。

で、北浜プラザ横で、早くも老夫婦に道を聞いているぞ。
出て行って事情を説明するが、「たいへんやねぇ。実の母娘やのぉ。それやったら、まだ気は使わへんねぇ」といろいろ話しかけてくるので、自分を無視されたママはプツンと切れ、またスタスタと堺筋を南下。

で、反対車線から隠れて尾行する。
迷いのないスタスタ歩きに、長堀橋を越え、日本橋を越え、恵美須町まで来てしまう。
地下鉄で帰る予定なので、もよりの駅ごとに声をかけるが「いらん。帰る」で、突っぱねるママ、今晩は根性が入ってるぞ。
e0200261_113938.jpg日本橋の電脳世界を、妙な姿で歩くおばあちゃんだが、この街はなんでもありだ。

で、恵美須町あたりで、ガクンと歩くスピードがダウンしたので、声をかえると、「あ〜、あっこちゃん。よかったぁ〜。どうぢようかと思っててん。あんた、ついてきてくれてたんかぁ」に、「ちょっと、このあたりに用事があってん。奇遇やねぇ」で、恵美須町から地下鉄に乗って帰る。

e0200261_1195377.jpge0200261_1110678.jpgもう夕食を作る気も、外食の気分でもないので、北浜フレスコでコロッケ、のり巻き、刺身、インスタントみそ汁を買って、ワカメとタマネギのポン酢和えだけは作った夕食。

のり巻き、コロッケは、ママが一人で暮らしていた頃に食べていた夕食である。
ママは、のり巻きだけで「こんな贅沢なもん」と言うが、こんなメニューを食べていたら、体にはよくないのである。
と、言いながら、ママがひとり暮らしの時は、冷蔵庫にのり巻きやちらし寿司、冷凍お好み焼き、サンドイッチなど、すぐに食べられるものを一杯入れて帰っていた私。

調理なしで便利に手軽に食べられるので、簡単にお腹は満たされるが、そのせいで認知症を進行させてような気もする。

食べるものは大事である。
いや、食べることに欲があり、なにか作りたいと思う気持ちが大切である。
おいしいもの食べたいと思うことは、イコール、生きることなのである。

要は、食いしん坊、万歳なのである。

ママは8時に寝る。
そこから晩酌に入った私、スーパーの切り身のサーモンは、美味しくなかった。

朝から晩まで、コンビニとスーパの出来合いのものばかり食べて、まるで一人暮らしのヤングのような食生活となった本日。
高くついたぞ。

本日の評価:070.gif070.gif022.gif070.gif070.gif070.gif070.gif014.gif
本日の家出:2回
[PR]



by asayosan | 2013-05-05 11:28 | 今日のママリン

認知症のママリンの日々の暮らし
by asayosan
プロフィールを見る
画像一覧

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧