ボケリン・ママリンの観察日記

6月8日(土)車の修理に半日かかるが、車のある生活の幸せ。

今日は奈奈さんの日で、戻りが7時過ぎなので、かねてより気になっていた香里園に停めっぱなしで、バッテリーが上がった車の処理に行く。

アクサに電話してレスキュー車が来るまで、まなちゃんに、こないだの宇都宮から聞いた、東京の悲惨な出版業界の話をする。

まなちゃんが貸してくれた『佐々木忠〜虚実皮膜』の作者・東良美季は、『毎日jogjob日誌 by東良美季』というブログで、悲惨なライター家業を愚痴ってるそうで、編集者でAV監督で音楽ディレクターで著書もたくさんあるのに、食べるのが精一杯というけど、宇都宮もそんなこと言うてたわで、やっぱり東京の使い捨て労働は怖いなぁと…。

私はお金を極力使わない生活をしているが、それほど貧乏臭くならないのも、大阪はなんとなく生きて行ける寛容さがあるおかげだろう。
見栄もいいカッコもはったりもしなくていいので、ムダな消費がないのだ。

で、まりちゃんのそうめんを頂き、家庭菜園のタマネギをごっそり頂き、うちの食が助かる。

で、バッテリーはもうほとんどバテていて、結局オートバックスまで牽引してもらって、バッテリーを買い替え、洗車して香里園に戻り、またおしゃべりして家に帰る。
メリーちゃん(車の名前)も綺麗にカッコよくなって、喜んでるぞ。

マンションの駐車場が2台分開いてるので、6月の1ヶ月だけ借りられたので、これで奈良までの往復がいつでもできる。

で、車をそのまま、マンションの駐車場に乗り入れらる快感。
プチ贅沢である。
もう1ヶ月借りて、7月もモータリゼーションを楽しもうか…。

そういえば、私が唯一、ムダな消費をしてるのが、車の所有だ。
外車だし、ボルボなのででかいし、めったに乗らないのに、保険や税金や車検代を払っている。
でも、駐車場は、香里園にタダで停めさせてもらっているというのが大阪的。
マンションの駐車場も、1ヶ月だけやったらと、タダにしてくれた。

自分の住んでるマンションの地下駐車に、自分の車があるという贅沢、ものすごく嬉しい。
これが見栄といいカッコという奴か…。
しかし、マンションの駐車場に車を入れるというのは、私のささやかな夢なのだ。
家のローンが終われば、ちゃんと借りよう。

それにしても、大阪市内では車は不要、徒歩と自転車で充分で、車が必要なときはレンタカー屋が近所に3軒もあり、おまけに安くつく。
いろんなプラスマイナスを考えると、手放すのが得策なのだが、いつか身軽になったら、メリーちゃんと一緒に旅に出る夢がある。
なんってたって、ワゴン車なので伸び伸び寝れるのだ。
昔は寝袋を積んで、あちこち泊まり走ったのだ。
メリーには愛着があるのだ。その割には大事にしてないが…。

で、ママは7時過ぎに帰って来て、アンパンを食べてすぐに寝る。

平和な夜。

本日の評価:001.gif014.gif
[PR]



by asayosan | 2013-06-17 17:37 | 今日のママリン

認知症のママリンの日々の暮らし
by asayosan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧