ボケリン・ママリンの観察日記

6月20日(木)寒いのを風邪のせいにして、病人扱いして寝てもらうウソも方便。

そよ風さんのお迎えが来て、加藤さんに、昨日は2時間雨の中に佇んでいたので、お疲れかもと報告。
しかし、そよ風さんでのママは、「人の世話やお手伝いもよくしてくれますし、親分肌でみんなを盛り上げてくれますし、いろんなことを知っていてお話してくれるんで、私らにとっても先生なんです」。

家とは違う、ママの顔。
でも、スタッフの人たちがうまく遊ばせるくれるからこそ。
デーのプロが見守る環境と、家とは違う。
しかしママは、そんな遊ばせるプロの環境でずっと過ごす方が幸せかも、とも思うこの頃。

5時15分頃に帰って来たが、車から「降りたくない」と言うママゴン。
よっぽど、そよ風さんが楽しいのだろうと思う。
が、認知症が認知症らしい行動を起こすのは夕方から。ずっと良いおばあちゃんのままでいてくれたのなら、ショートステイは成功してる。夕方から帰りたい願望で暴れるママに、受け入れ施設がないのが現状。とほほ。

私は今日も奈良の実家に帰り、荷物を運ぶ。
稲本ちゃんとこに寄って昼食をして帰るが、雨のためか渋滞で、5時前ギリギリに家に着く。
e0200261_15221036.jpge0200261_15215757.jpgで、夕食はチャチャとイカとしろうすとコンニャクの煮物、キュウリとタマネギの酢の物、ひじきとキノコの混ぜご飯。

郡山の巨大スーパーで買い物をしたのだが、種類も膨大で大阪より安かったぞ。
キュウリ5本、ニンジン5本で、各198円、ひろうす5個で100円。
ほか、バジルやクレマチスや他諸々の苗を買って帰る。

で、うちのカメラは雨に日は調子が悪くなり、ケータイで撮る。
そろそろ買い替えよう。

「寒いわぁ。あんた、そんな格好で寒くないのぉ。ほら、猫が出て行ったでぇ。風邪ひくわぁ。中に入れたりぃ。寒いわぁ」
「ちょうど過ごしやすいい気候やん。ママ、風邪ひきかけてるわぁ。もう着替えて、温かくして寝た方がいいわぁ。風邪ひいたら、そよ風さんに行かれへんよ」
「風邪なんかひきません。寒いだけやん。窓閉めよか」
「いいや、猫は自由にさせてやって。ママ、寒かったら着替えなさいよ。寒いのは風邪のひきかけやわ」。

本当は今日は本当に寒かったのだが、「ママが風邪をひきかけてるから寒いの」ということにして、「病人は早く寝なさい。風邪は暖かくして寝なあかんことぐらい、看護婦さんやったら分かるやろぉ」と、トレーナーの上にタオル地のパカーを着てもらい、病人扱いして布団に入れる。
ウソも方便。
e0200261_1545943.jpg「ありがと。そしたら寝とくわなぁ。ジェフ、ジェフ君も寝るよぉ」で、呼ばれたジェフは、ベランダからママのお布団に行く。
偉いぞジェフ。

しかし布団から、「なぁ〜、アメチャンないのぉ」。
あんなけあったアメチャンはもう最後の1個で、「これ、最後の1個やで」とお口に入れると、「わかった。大事に大事になめるわ」。
アメチャンが沢山あると、2個も3個もお口に入れるから、すぐになくなるのだ。

で、ぐっすり、寝てくれる。

本日の評価:009.gif002.gif014.gif
[PR]



by asayosan | 2013-06-21 15:51 | 今日のママリン

認知症のママリンの日々の暮らし
by asayosan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧