ボケリン・ママリンの観察日記

2月9日(日)“荒れる日曜日”、そよ風さんの機転と、マグロのカマ焼きで回避。

私はギャラリーの新企画、手紙や切手をテーマにした『文展』の準備。
はじめての企画もんはだいたい苦戦するが、アートというより、デザインやアイデアを展示することをかねてよりやりたかったので、定番化する予定。

というのも、ママが奈良で一人暮らしをしていた頃、ママを撮った写真をハガキにして、毎日約半年間送り続けた。
おかげで郵便屋さんを楽しみに待つようになり、ハガキという手に取れて目に見える記憶がのおかげで、週に1〜2回しか帰れない私の代わりとなった。

電話、メール、ケータイ、WEBと便利な通信事情となったが、形に残るものは時間の記憶になる。
この辺がテーマで作品が集まり出したら面白くなると、思う。たぶん。

で、Y興業のMさんが寄ってくれて、日本郵便もオリジナル切手を作ってくれるサービスがあるし、手紙や切手の新しい遊び方はないかと悪巧み。

5時半頃にママのお戻りの電話があり迎えに行くと、荒れに荒れて車から降りない。
そよ風さんがもう1周回ってくれて、気分を変える作戦に…。

でも今日は“荒れる日曜日”、家に戻ってMさんに「ママが悪魔モードで、引き続き徘徊になりそうなので…、一緒に出ていいですか」で、ミーティング終了。

1周回って戻って来たママリン、気分は変わり車からは降りたが納得いかない様子。
「ママ、外でご飯食べるのと、家に戻るのとどっちがいい?」と聞くと、「そら、外でご飯食べたいわぁ」だそうなので、GOZOに行く。

GOZOに行くと気分はさらに変わりご機嫌になってるぞ。
「あ〜、この店は何回か来たことあるわ」
「お母さん、覚えていただいてありがとうございますぅ」
「覚えてますともぉ。いい感じのお店ですものぉ。ABCと全部覚えてないと、この子が怒りますから…」。

で、トマトサラダ、ボリュームたっぷりのマグロのカマ焼きでワイン。

ママは昔は躊躇していた足の高いスツールに、今はスルスルと楽勝で着席できるようになり、よく来るので、体が慣れきたんだと思う。
よって、慣れるということは、ものすごい普通の進化の奇跡かもしれないと思う昨今。

「なぁ、あんたは死なんといてなぁ。あんたが先に死んだら私が困るから…」
「そら、私が先に死んだら、ママは困るやろなぁ」
と、話していたら、隣の席の76歳のおじいちゃんが、「おばあちゃん、いくつやのぉ?」と参戦。
しかし、「私は20歳ぐらいやねぇ」と返事したので、静かに撤退。
e0200261_1327647.jpg
6時40分に帰ってきて、ママはすぐにお布団へ。

「ジェフ〜、ジェフ〜。寝るよぉぉ。ご飯食べてるんかぁ。ウンコしてるんかぁ。ジェフ〜、クーちゃんに片思いしてるんかぁ。クーは好きな子がいるからあかんでぇ。あとはあっこが全部段取りしてくれるわぁ。ちゃ〜んとやってくれるから、安心して寝んねしよなぁ。あっこの気が変わらんうちに、寝んねしよぉ。ここのご飯は食べたらあかんよぉ。あっこのご飯しか食べたらあかんよぉ。明日、あっことこに行こなぁ」。

と、ジェフにアドバイスして寝はる。

トイレに起きてきて、またアメチャンをくすねているが、触らぬ神に祟りなし、傍観。

“荒れる日曜日”、そよ風さんの機転と、マグロのカマ焼きで回避。

本日の評価:022.gif009.gif043.gif014.gif
[PR]



by asayosan | 2014-02-18 13:39 | 今日のママリン

認知症のママリンの日々の暮らし
by asayosan
プロフィールを見る
画像一覧

検索

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧