ボケリン・ママリンの観察日記

3/16(日)ほったらかしにされると荒ぶるママ、めんどくさい女である。

e0200261_14265109.jpg5時に帰って来て、アンパンとコーヒーでコタツにくつろいでもらっていたが、「ちょっと見せてもらってもいい?」とギャラリーに上がってきました。

いつものことだが、展示作品全てを私が描いたと思っている。
「あんた、上手くなったなぁ。よぉやったわぁ」と褒めてくれる。

初対面の作家の高田一樹さんにママを紹介。
「姉がいつもお世話になってます」と丁寧にボケ挨拶。
「うちは猫と認知症がいるギャラリーで有名なんです」と補足説明。
「そしたら下におるわね。私がおったら邪魔やろぉ」で、しとやかに退場。

しかし、しばらくして何回も玄関をガチャガチャして出ようとしているので、その度になだめる。
e0200261_14275090.jpg
で、なだめると口ごたえして、だんだん興奮してきて、閉店前には大暴れ。
「なんで出さへんのっ。なんで閉じ込める権利があんたにあるのっ」で、そしたら散歩しましょで、6時ジャストに閉店して一緒におでかけ。
やっぱり6時閉店にしといてよかったぞ。
なかなかグッドなカン働きであった。

で、近所をウロウロしてると同じマンションのTさんに会って、「ママリン、どこにも行かんでもいいから…、ご飯食べに行きましょか」で、一緒にフレイムハウスに行く。
第三者がいるとマダムぶるママリン、私がいかによくしてくれるか、こんな幸せな日々はない、この子が呼んでくれて本当によかったと、いいおばあちゃんを演じる。

で、ネパール通のTさんからいろんな旅の話を聞き、ママ亡き後の旅のプランを膨らませる。
で、マスターも入って健常者で話が盛り上がると、「あのぉ、うちの母さんも料理が上手かったんですぅ」と自分の話に持っていくママリン、「はいはい、そうなんですかぁ」と、しばしママを主役にしてアサヨ劇場を拝聴。

で、8時に帰って来て、ママはすぐに爆睡。

荒ぶる日曜日、Tさんと会って、はてしなき徘徊の夜にならなくてよかったぞ。
二人きりだと煮詰まるので、こうした外食や第三者が入ってくれるとお互いの気分転換になる。
ママの扱いも上手いご近所さんに感謝。

本日の評価:043.gif046.gif013.gif068.gif014.gif
e0200261_14422539.jpg




[PR]



by asayosan | 2014-04-14 14:45 | 今日のママリン

認知症のママリンの日々の暮らし
by asayosan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧