ボケリン・ママリンの観察日記

<   2014年 02月 ( 31 )   > この月の画像一覧




1月28日(火)鶏鍋で昼酒して、母娘で『トムとジェリー』を大笑いして寝る普通の生活。

朝、素晴らしい目覚めだそうだ。
いろんな憑物が落ちて、待望の可愛いおばあちゃんになったか…。

私は、ヒルトンプラザウエストの博多華味鳥で、かねてより食べたかった鶏の水たきを奢ってもらって昼酒。
で、酔った勢いで30年使っているボロボロのヴィトンの財布を綺麗にできないかと、ヴィトンのリペアショップでたずねたら「新しいのを買った方が良い」とアドバイスされる。
ボロボロなのを除けば、使用には全く問題がない財布、もう少し使おう。

で、もう1軒行って、ベロベロで帰る。

e0200261_13284040.jpge0200261_131196.jpgママは遅めの5時40分に帰って来る。ラッキー。

博多華味鳥で鶏のカレーのレトルトをお土産でもらったので、ササミを加えてきしめんで和えてみたら美味しいぞ。
きしめんのペラペラ感が良くて、ママもズルズル食べて「あんたは食べることが上手いわぁ」。
野菜不足を補うためにアボガドのワサビ醤油も添える。

ママと一緒に『トムとジェリー』を大笑いして観る。
ただ猫がネズミを追いかけるだけのストーリーで、膨大なバリエーションのこのシリーズ。
『トムとジェリー』は偉大である。

ママは7時に寝て、私も9時に寝る。

で、昼酒の相手の友達が「よぉ、徘徊につき合うなぁ。信じられへんわ」と言うが、「だから〜、慣れてしまえば普通になるのぉ。毎日パーティしてるセレブも、毎日パーティが普通。とんでもない狭い家で窮屈でも、毎日暮らしていればそれが普通。はたから見たら、あこがれやったり大変やったりに見えるかもしれんけど、毎日そんな生活をしていたら本人は普通になるのぉ。そんなもんよ」。

そう、私たち母娘も、私たちにとっては普通の生活なのである。

飲みに行けないし、ライブも芝居も観られないし、夜遊びできないし、風呂も入れないが、これが普通の生活なのである。

昼酒、ブラボー。

本日の評価:068.gif014.gif
[PR]



by asayosan | 2014-02-02 13:26 | 今日のママリン

1月27日(月)♩ネンネコちゃちゃりま〜せ〜 猫より子供がいいなぁ♩って、ジェフ気の毒。

朝、7時に起きて出て行くがすぐにキャッチして二度寝してもらう。
でもやっぱり起きて、さっさと出かけようとするので、管理人室に連れて行き、浅井さんに20分ほど相手をしてもらう。

たかが20分だが、この間にウロウロされたら、そよ風さんの送迎に間に合わなくなる。
朝の家出は時間との戦いでヒヤヒヤもんだ。

e0200261_1233748.jpge0200261_12335214.jpge0200261_12341250.jpg夕食は厚揚げとキノコの炒めもの、レタスとカボチャの甘酢ショウガ和え、残りものお寿司。

野菜が高い昨今、キノコ類は物価の優等生である。
また、うちでは厚揚げは“肉”のカテゴリーに入る。

「なぁ、みんなはどこに行ったん?」
「みんなそれぞれ自分の家でご飯食べて風呂入ってテレビ見てるわ」
「あ〜、しまった。私も連れて行ってもらったらよかったわぁ」
「ママって、それは他所の家やのん。他所の家に行っても、お邪魔虫やで」
「そらそ〜よな。なぁ、ここは何人まで、あんたの責任やのん」
「ママと猫だけ」
「結局あんたが得したんやなぁ。みんな自分の分は払ったん?」
「適当に払ったんたんとちゃう」
「なんや、みんな帰ったんか。あんた、儲からへんかったな。まっ、その方がいいわ」。

で、6時過ぎに布団に入ったが、急に起きて、「電話かけてくるわ」。

「ママって、ママの相手は幽霊さんやから、お布団の中からでも電話かけられる」
「え〜、みんな死んだんかぁ。そしたら寝ましょうか」。

で、康子姉ちゃんから電話があり、ママは布団の中で生きた人間と電話ができる。
「みんな死んでもて寂しくなったけど、頑張って生きましょうね」と前向きな話題。

それから一席ぶつママ。
「帰るってホンマになったなぁ。つぎおちゃんが死んで、ばーちゃんが死んで、次は正夫さんかなぁ。人生、受け入れましょ。けっさくやねぇ。ここにおると、なんやかんや起こるわぁ。オモチロイなぁ。みんにはあんたが電話してくれたんやなぁ。そしたら泊めてぇ。明日帰るのやめとくわ。落ち着いてから帰るって、あんた電話しといてなぁ」。

それから布団の中で♩ネンネコちゃちゃりま〜せ〜♩を唄い出す。

♩ネンネコちゃちゃりま〜せ〜 猫より子供がいいなぁ♩
♩猫より子供の方が 偉いもん♩
♩ネンネコリン ネンネコリン♩

ジェフよ、ママはあんなこと言ってるで…、ひどいなぁ。

ヘンな替え歌を1時間唄って8時頃静かになる。

本日の評価:001.gif014.gif030.gif015.gif060.gif060.gif014.gif
[PR]



by asayosan | 2014-02-02 12:58 | 今日のママリン

1月26日(日)“荒れる日曜日”、やっぱり歩いて、想定内の2時間で徘徊終了。

やって来ました“荒れる日曜日”。
もう分かっているのである。

5時17分にそよ風さんからの戻りの電話があり、フリーズ羽織ってブーツを履いて、徘徊準備スタンバイでお迎えに行く。

で、案の定、車から降りない。
「あんたの家はイヤやねん。このまま家に連れて帰ってもらいますっ」とごねるママをどうにか車から降ろしたが、そのままスタスタ歩き出した。

待ってましたの“荒れる日曜日”。

平野町通りを西へスタスタと行くママを隠れて尾行。

で、靭公園に来たところで、閉店準備の美容室のお姉さんに道を聞いている。
出て行って事情を説明、ママも素直に「あ〜、あこちゃん、よう見つけてくれたわぁ。よかった」。
e0200261_17482071.jpg
しかし、警察に行きたいそうである。
「そしたら、渡辺橋交番に行きましょか。ちょっと遠いでぇ」
「え〜、遠いんかぁ。もうしんどいねん。あんたの家はどこやのん」
「ちょっと歩いたとこ」
「そしたら、あんたとこに行こか」。

e0200261_1748245.jpgで、一緒に帰ってきました。

大阪ガスビルのこの角、『ごちそうさん』のラジオ大阪の外壁に使われているので、記念撮影。

7時20分に帰って来て、ママはご飯も食べずにすぐに寝はる。
ちょうど2時間の徘徊。
予測通り、想定内、で、“荒れる日曜日”終了。
ちょろかったぜ。

で、夜にちょこちょこ起きてくる。
「あっ、父さんのご飯の用意せなあかんわ」
「冷蔵庫に入ってるもんで、適当に作ってぇぇ」
「他所の家やから、どこに何があるかわからへん。もういいわ。寝るわ」。

たぶん、自分がお腹がすいているのだろう。
アメチャンをくすねて寝はる。

本日の評価:031.gif070.gif070.gif070.gif070.gif007.gif070.gif014.gif
本日に家出:1回
[PR]



by asayosan | 2014-02-01 17:56 | 今日のママリン

1月25日(土)ママの徘徊、どう考えてもプラスマイナスゼロかなぁ。

e0200261_1763520.jpg
9時に出かけて7時に帰って来る奈奈さんの土曜日。

ママはすぐに寝て朝まで爆睡。
私も8時に寝て朝まで爆睡。

ママがぐっすり寝てくれると、私もぐっすり寝られるのだ。

時々見ている『白熱教室 幸福論』で、受け入れることで幸せになる道が見えるようなことを言っていた。

人からは、「何時間も徘徊につき合って、よぅやるわぁ。アホちゃうか」と言われるが、「だってママは歩くんだも〜ん」なのである。

認知症を知らない人は、「出さんかったらいいやん」と言う。

しかし、閉じ込めたり説得したり、出て行くことを阻むと、極道の妻かエクソシストの世界になってしまうのだ。この時期は地獄だった。
どんな風に説明しても、どんどん荒ぶれ、興奮し、怒鳴りまくり、ドアを叩きまくる。
いったいどこで覚えたのか汚い言葉で罵られると、こっちも腹がたってきて、つい声が大きくなると倍返し、100倍返しされて、こいつはもう人間じゃないとさえ思った。
ママの負のスパイラルに巻き込まれ、私も荒んでくるのだ。
あ〜,私の人生は終わった、と思ったものだ。

あの時期に比べたら、今はプーだ。

だから、歩いたらいいのだ。

その意味不明の怒りや不安や不信感や帰宅願望は、街のエネルギーが飲み込んでくれる。
で、いったい何のために歩いているのか、ママの興奮した頭がいろんな刺激で冷やされる。
私一人の力では、ママを落ち着かせることはできない。
他者、外界、道、街、空気、空、寒さ暑さ、いろんなもので気分が変わっていくのだ。

・犬は今を生きているので、すぐに変われる。
・犬は考えずに行動する。
・犬は過去の問題に捕われず、未来を心配しない。

これはテレビ番組の『カリスマドッグトレーナー』での教訓で、犬のところをママに置き換えるとスコンと納得。

・歩きたいものはしかたがない。
・歩くだけなら害はない。
・歩いて気分が変わる


ただ、この歩く行為をどのように受け入れるか…。これは私の問題である。

ママの徘徊は、私にはウォーキングのエクササイズ、…と言っても10時間は長過ぎるぞ。

でも、86歳のおばあちゃんが10時間も歩けることは素晴らしいではないか、…と言っても私は美容のために寝たい。

でも、54歳の私も10時間歩いて徹夜できる体力があるではないか、…と言っても次の日は眠たくて仕事にならん。

でも、いろんな人たちとの素敵な出会いがあったではないか、…と言ってもいろんな方にご迷惑をかけているわけだ。

で、どう考えてもプラスマイナスゼロかぁ。

でも、今まで自転車で行っていたキタやミナミも、歩いて行くようになった。
だって、私の足なら20分で歩けるのだ。

健康番組を見ていると、歩くだけで簡単に健康が手に入るようである。
一人の時は、夜はグダグダ飲んで寝ていた私。
酒量も減ったし、健康になっている自覚はある。

本当のところ、ママの徘徊につき合うのはそれほどイヤじゃない体と心になった。
要は慣れたのである。

ただ、慣れたことで面白くなくなってきた。

ということは、時々起こる朝までのロング徘徊は、2〜3時間の徘徊に慣れた私へのサプライズか…。
まっ、朝まで歩かれると、もうこれ以上のことはないという余裕にもなる。

ラッキーなことに、私は歩くこと自体は本当に苦じゃないのだ。
よって、そんな娘を持って、ママはラッキーである。

結局、そこかい。

本日の評価:014.gif
[PR]



by asayosan | 2014-02-01 17:38 | 今日のママリン

1月24日(金)死にたい死にたいって、お迎え来るまで待たれないのか…。

e0200261_1611967.jpg
朝、ママはソフェに座ってアンパンとコーヒーの朝食をして、窓際においてる熊のプーさんと豆助のぬいぐるみにキスさせる。
まるで生きてる動物のように、「はいはい、お外見ましょうね」と、外に向けて置いたりするし、今朝はおでこでキッス。

ママがぬいぐるみや草木に話しかけていても、もう驚かない。

ママは徘徊中も、ポストや電信柱や植木にも話しかけているし、知らない人にも挨拶する。

e0200261_16162368.jpg5時20分に帰って来て、鶏肉と小松菜のソテー、かぼちゃのスープの夕食。

ママはパパッとたべてしまい、写真を撮るヒマがなかったぞ。
食べながらしゃべりまくっているのに、この早食い。
ちゃんと噛んでいるのか…、でも、ウンコは素晴らしいし…、胃腸が丈夫なんだろ。

「なぁ、みんなどこに行ったん?」
「みんな自分の家でご飯食べてはるぅ」
「みんな私をもてあましてるねん。母さんも私が帰ったら嫌がるかもしれんわ。あんたにばっかり迷惑かけるなぁ。もう死ぬわ」
「迷惑やと思うなら、お口チャックして、テレビ見ようなぁ」
「なぁ、うっとこの親戚の家に泊まったらあかんの?」
「どこ行っても嫌われるよ。ママは死にたい、早く死にたいばかり言うから、陰気臭いねんてぇ」
「そやから早く死にたいんやないのっ」
「どんと構えて、お迎えが来るまで待っときぃ」
「はいはい、寝て待ちます。ジェフ〜、寝るよぉ」。

果報は寝て待てと言うが、死ぬのを寝て待つのか…。

で、ママのイビキかと思ったらジェフだった。

しかし、ママは爆睡してると思ったら大きな声で質問するす、ず〜と誰かとしゃべってるかと思うと寝息たててるし、急に起きてくるし、コロコロと変わる睡眠状態。

夢でも見て起きてしまうと、その夢の延長でわけの分からない妄想がはじまる。

寝ていても忙しいママである。

本日の評価:001.gif014.gif015.gif014.gif
[PR]



by asayosan | 2014-02-01 16:32 | 今日のママリン

1月23日(木)ママはお疲れ、私は昼酒で、お互いお疲れですぐ寝る似た者母娘。

日曜月曜の徘徊から3日経ち、お疲れもとれて可愛いボケばあちゃんになってきたママ。
そよ風の加藤さんも、「酒井さんは可愛いですよぉ。私、大好きですもん」と言って頂けるが、デーでも悪魔ちゃんモードの時もある。
みんなが、“可愛いおばあちゃんでいてね”、という期待と希望の星でもあるわけだ。

認知症であっても、本人が穏やかに過ごしてくれたら、回りのみんなも幸せなのである。

e0200261_15552968.jpge0200261_15555690.jpg5時に帰って来て、野菜やアゲやハムやらの冷蔵庫残りもん炒め、蓬莱の肉だんご。

今日は車検のため光明池まで車を運び、キャッブが和泉葛城山頂上のゆかた茶屋に連れて行ってくれて、昼からおでんとビールでいい調子である。
まさか大阪から1時間の所で雪山の大パノラマが見られるとは…、別世界であった。
もしママがいなければ、山登りをしてただろうなぁ。

家に帰って、豚まんでビールをやってしまい、ダラダラとした気分である。

ママも「今日は学校で運動させられたから疲れてるねん」だそうで、すぐに寝てくれる。
そよ風さんでは、コックンコックンしてたそうなので、日曜月曜の行軍の疲れをやっと感じているのだろう。

本日は母娘共にお疲れバイブレーションが同じで、お互いすぐ寝る。
似た者母娘。

本日の評価:001.gif014.gif
[PR]



by asayosan | 2014-02-01 16:07 | 今日のママリン

1月22日(水)ママのボケ頭に、私の想像力がついていけない新たな過渡期。

e0200261_15806.jpg今朝は8時に起きてしまい、じ〜としてられないママ、「お迎えが来るぅぅぅ」で出て行きました。

で、近所をウロウロし出して、お迎えの8時40分に間に合うように徘徊を誘導するがダメである。
長谷工ビルの東側に来たところで座ってしまい動かない。
「ここに来てくれるんですっ。ちゃ〜んと約束しました」なんだそうだ。

そよ風さんに電話して、ちょっと先の十字路にいますと連絡。
で、ママの目の前に車を付けてくれました。感謝。

しかし、「ほらみてみぃ。ちゃんとここに来てくれたやないのっ。あんたの言うことはウソばっかりやっ」って、私が段取りしたんですぅぅぅ。
大きな駄々っ子が消えてホっとする。


e0200261_15165867.jpge0200261_1517202.jpg5時に帰ってきてすぐに夕食。
でも、だんだん陽が長くなってきて、「明るいうちに帰るわ」というシーズンになってきた。
6時に寝てくれるのも外が暗くて寒いおかげなのだ。

夕食はパリパリに焼いた焼きそばに、ササミと野菜のあんをかけたもの、のみ。

お運びさんをして洗い物をしてくれる。

「なぁ、私、警察に行かんでもいいのぉ。行かんかったらここに来て、あんたも捕まるよ」
「なんで警察が来るんよ。なんか悪いことしたん?」
「してないけど、お巡りさんが探してるって言ってはったから…」
「大丈夫。お巡りさんは、来ないでくださいって言ってたわ
「なんや、ウソかいな。そしたら寝かせてもらいますぅ」。

で、5時50分に寝てくれたが、月曜朝の東警察署での一悶着の記憶が今頃蘇ってきたのか…。

それからトイレに起きて、アメチャンをくすねて、布団の中でニャオ〜ニャオ〜と鳴きまねしてジェフを呼んでいる。
ニャオ〜ニャオ〜と1時間は鳴いているママリン。

「ジェフ〜、おまえは明日の朝で当番やからなぁ。犯人が来たら起こしてあげるからなぁ」。
う〜ん、意味不明。

「寒いなぁ。なんかスースーしてるでぇ。あ〜、夏休みもやっと終わりましたか」。
う〜ん、意味不明。
寒いのは、自分が布団を蹴飛ばしていたからだった。

10時にトイレに起きて来て、「ここは私のいるとこと違うわ。もう帰ります」。
「ママ、夜はみんな寝てるから、ママも寝ときぃ」
「みんな寝てるんなら、私も寝とかなあかんなぁ。おやすみ〜」。

で、静かになる。

だんだん意味不明なことが多くなり、幽霊さんが見えて、生きながらあっちの世界に向かっていくママリン。

明らかにおかしい人になってきたぞ。

ママのボケ頭に、私の想像力がついていけない。
新たな作戦の時か…。

本日の評価:009.gif014.gif015.gif014.gif
[PR]



by asayosan | 2014-02-01 15:37 | 今日のママリン

1月21日(火)幽霊さんやゴーストや座敷童もやって来た。ヤーヤーヤー。

2日続きの徘徊にも関わらず、元気に起きて明るくそよ風さんに出発。
忘れるということは素晴らしい徳性である。
ついでに自分が疲れていることも忘れている。

しかし、体の疲れが気分を不機嫌にするので要注意である。
徘徊明けも油断できない。

e0200261_1450953.jpge0200261_14492456.jpg5時頃に帰って来て、すぐに夕食。
手羽先を煮込んだスープにはもやしと卵を入れ、手羽先はササミを足して野菜のあんかけにする。

「なぁ、他の人はどこに行ったん?」
「他の人は猫が嫌いやから、みんな出て行った」
「私は猫が好きやから、泊まっていい?」
「はいどうぞ。もう寝てください」。

で、せっせとお運びさんをして洗い物をしてくれてる。

しかし、誰も座ってないロッキングチェアに話しかけているぞ。
「もしもし、こんなとこで寝てたら風邪ひきますよぉ。どうぞお布団に入ってくださいませ」。

「ママって、その人は幽霊やからほっとき」
「えっ、あんたには見えへんのっ。やっぱり身内にしか見へんのかなぁ」
「そしたら誰が来てるのよ」
「それが分からへんから、あんたに聞いてるんやないの」。

こりゃもうアカン。
最近ママには幻覚が見えるようで、それはそれはリアルな人間がいるらしい。
これは認知症による幻覚なのか…、本当のゴーストが来ているのか…。
ママの身内なら、さすがに私に悪さはしないだろうと、思うことにする。

「あんた、そこの子供さんに、ご飯食べさせてなぁ」
「幽霊さんは、ご飯食べなくてもいいのぉ」
「すみませ〜ん。きれいに全部食べてしまったから、何も残ってないそうですぅ」
「ママって、冷や奴ならあるって、言うてみてぇ」
「子供やのに、そんなもん食べません」
「はいはい、座敷童さんやから、ママ一緒に遊んでもらい」。

で、ママは座敷童さんと一緒に6時半に寝はる。
ず〜と♩ネンネコしゃしゃりま〜せ〜♩を唄ってる。へんな替え歌で…。

座敷童より、ママの方が怖いわ。

本日の評価:001.gif048.gif(幽霊マーク)014.gif
[PR]



by asayosan | 2014-02-01 15:04 | 今日のママリン

1月20日(月)雨の御堂筋、ブランド店をおしゃれに徘徊、って。

夜の10時から朝の7時までの徘徊に、東警察での大暴れを経て、そよ風さんの車に消えたママ。
データ的にも“荒れる日曜日”であるが、やっぱり丸々ママデーは難儀である。

10時間も荒れ狂うママの徘徊につき合って、憔悴した私、トボトボと家に帰って行くと理事長に会い、喫茶リヴォリでモーニングを奢ってもらう。

家に帰って急に大掃除がしたくなって、事務所からゴミ袋3つ分の紙ゴミを出す。
机回りすっきりした所で、電話で仕事やら連絡やらが入ってきたぞ。
身辺を軽くすると、滞っていたものが流れ出すようだ。
で、その後、昼寝する。
e0200261_14224986.jpge0200261_14225864.jpg5時頃にママが帰ってきた。
さすがにデーでコックンコックンしてたそうだ。

それにしても元気である。
鍋焼きうどんをパクパク食べて、私はサバのきずしで焼酎水割り。

しっかし、6時に寝たのにすぐに起きて出て行きました。
「部長さん、部長さん、もう帰りましょ。いや、会長さんか。こんなイヤな所は出て行きましょうよ。あんた、男でしょ。はっきりしなさいっ。あ〜怖い、怖い。うっとこの男連中はあかんっ。私一人で帰りますっ」なんだそうだ。意味不明。

で、御堂筋に出てミナミへ突き進む。
ママはな〜んも見ていないけど、私は久々のミナミを楽しむ。

で、大丸あたりで声をかける。
「あんた、何してんのぉ」
「ウインドショッピングしてるんやないの。ここはミナミやよ」
「ミナミやのぉ。さすがミナミやねぇ」。

ハイブランド店の前を通り過ぎて行く、ママの歩きっぷりを写真でお楽しみください。
e0200261_14325815.jpg
e0200261_14332371.jpg
e0200261_1433481.jpg

で、小雨が降ってきたので心斎橋に逃げて、8時15分に帰ってきました。

家に帰ると、また気持ち悪いことを言い出したぞ。
「なぁ、こちらにいらっしゃる男に人はどなた?」
「私には見えへんけど、どうせママの知り合いでしょ」
「私も知らんやん。なぁ〜、どなた?」
「武者小路実篤さん」
「ふ〜ん。あんたの知り合いかぁ。そしたら寝るわ」。

で、寝てくれる。

しかし、夜に起きてきて、さっきまで横に寝てた人がいないと家中を探してるぞ。
コタツの中まで探してる。

コタツの中に誰か隠れていたら怖いぞ。

結局ジェフが出て来て、ママと一緒にお布団に行ってくれる。
ジェフに感謝。

本日の評価:朝031.gif 夕方018.gif014.gif070.gif070.gif070.gif070.gif015.gif048.gif(幽霊マーク)014.gif
本日の家出:1回
[PR]



by asayosan | 2014-02-01 14:44 | 今日のママリン

1月19日(日)夜10時から朝の7時まで徘徊して、東警察署で大暴れのママをそよ風さんが沈静化。

e0200261_13173766.jpg今日はデーお休み。
介護ポイントを超えた分を自腹にするととんでもない額になり、これではママの貯金が減る一方である。
月2回の丸々ママデーさえやり過ごしたらいいんだと、急にケチになった私。

で、何回かトイレに起きて、アメチャンをくすねて、それでも2時まで寝てくれる。
「なんかわからへんけど、あんたにまかせとくわぁ。あんたに全面委任します。私はもう少し寝かせてもらうわぁ。あんたがここの管理人なんやろぉ。まぁ、ここにおったら最低の生活はできるからなぁ」。

最低の生活で悪うございましてねで、でも、2時過ぎまで寝ていてくれてラッキー。
で、起きてきました。

「お腹すいんたんなら鍋焼きうどん、作ろかぁ」
「いや、外に食べに行こうなぁ。ここは大阪やろぉ。食い道楽したいわぁ。でも上等のもんはいいよぉ。場末のとこでいいわぁ。母さんが言うててん。食い道楽は高くて贅沢なだけで、そないに美味しいないって…、高くてマズいから街はシラケてるって…。
あんたは場末の店は得意やん。あんたはムダなお金使わへんもんなぁ」。

場末の店ばっかりで悪うございましてねで、4時に三休橋筋の鉄板焼き屋に行くが休みだった。
確か日曜もやってたような気がしたのだが、私も最近勘違いが多い。

で、いつものGOZOに行く。
肉が食べたかったのでヒレステーキと長ネギ焼き、ママのはスペインお菓子の盛り合わせ。
ママはここでトイレに3回行くが、またまた素晴らしいバナナウンコをしていたぞ。
ご機嫌で帰って来て、ママは6時に寝てくれる。
やった〜、丸々ママデーをやり過ごしたぞで、私も7時に寝る。
e0200261_13395790.jpg

ところが、10時に起きて、ガチャガチャドアを開けて出て行ってしまう。

パジャマの上にロングコートを着て、上着を持って追いかける。
まっ、どっちにしても荒れる日曜日、こんなことは想定内である。

しっかし、これがひつこかった。
近所をグルグル歩いて夜中の2時に東警察署を訪問。
マイクでまたほっておいてくださいと裏工作して、警察ロービーでお巡りさんが降りてくるのを待っていたが来てくれないので、「あかん、ここは違う」で、また街を放浪。

グルグル歩いて土佐堀から谷町筋に出て、どんどん歩いて谷町六丁目まで来てしまいました。
この間、ず〜と座ってるだけの時もあり、怒鳴る時もあり、人に悪い女に付け回されてと哀願する時もあり、いろいろ紆余曲折もあったが割愛。
その様子は写真でお楽しみください。
e0200261_1347599.jpg
e0200261_13491034.jpg
e0200261_13481394.jpg
e0200261_13502621.jpg
e0200261_13525951.jpg
で、谷町六丁目で落ちました。
声をかえると、「あっ、あんた帰り方分かるぅぅ」
「分かるよぉ」
「あんたが分かってたら大丈夫やわぁ。先に歩いてぇ」。

e0200261_1352918.jpgで、帰りはスルスルと上町台地を下っていると、夜が明けてきました。

家に着いたのが朝の7時。
10時から9時間の徘徊である。
でも、元気なママリン、ミラクルである。

しっかし、またすぐ出て行きました。
「この家は気持ち悪い」なんだそうだ。
気持ち悪い家で悪うございましたねで、尾行。

で、人に道を聞いて東警察署にやってきました。
朝は1階ロビー受付に私服お巡りさんがいて、ママは自分の家に帰るから金を出せと脅迫。
「おばあちゃん、警察はお金は貸されへんの。お金は銀行で借りてください」
「はいはい。そやね。銀行の支配人さんは顔見知やから、銀行に行ってみますわ」。

と物わかりがいいんだか悪いんだか、外に出てもまた警察に舞い戻ること3回、お巡りさんにギャ〜ギャ〜ごねて、出勤のお巡りさんたちは苦笑いである。

「なぁ、昨日の夜のマイクを受けたの僕やねんけど、あれからず〜と歩いてたんかぁ」
「はい。10時から今まで歩いてますぅ」
「それは大変やなぁ。施設とか預けられへんのぉ」
「デーに行ってます。8時40分に迎えに来てくれるんですが、もう間に合わないかも…、ここに来てもらうようにしますぅ」。

で、そよ風さんに電話して、東警察署の迎えに来てもらうことにする。
が、私が本町通りをうっかり土佐堀通りと言い間違えて、そよ風さんもグルグル回って来てくれる。感謝。

説得してくれるお巡りさんにもギャ〜ギャ〜わめき、私の顔を見ると阿修羅のような顔でどなり倒すママだが、そよ風さんスタッフがママを迎えに来て手を取ってもらうとニコニコ顔になり、車に乗ったぞ。

ホ〜〜〜、で、やっと修羅場から解放される。
2時間近くも相手してくれたお巡りさん、警察署まで回ってくれたそよ風さんに大感謝です。

って、もう20日の朝の話であった。

徹夜明け連続勤務となってしまった丸々ママデーである。

ママも寝ずのそよ風さん出社であった。

本日の評価:014.gif014.gif014.gif071.gif068.gif014.gif070.gif070.gif070.gif070.gif070.gif070.gif070.gif070.gif070.gif070.gif070.gif070.gif070.gif070.gif070.gif070.gif070.gif070.gif031.gif001.gif
本日の家出:1回(東警察署2回)
[PR]



by asayosan | 2014-02-01 14:10 | 今日のママリン

認知症のママリンの日々の暮らし
by asayosan
プロフィールを見る
画像一覧

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧